健康・福祉

5歳から11歳の子どもへの接種(小児接種)について

令和4年2月現在、日本国内における小児(5歳から11歳までの人)の新型コロナウイルス感染症は、中等症や重症例の割合は少ないものの、オミクロン株の流行に伴い新規感染者が増加する中で、重症に至る症例数が増加傾向にあること、感染者全体に占める小児の割合が増えていることが報告されています。
また、基礎疾患がある小児では、新型コロナウイルスに感染することで重症化するリスクが高くなると言われています。

今後、さまざまな変異株が流行することも想定されること、現時点において、特に重症化リスクの高い基礎疾患を有する小児に対して接種の機会を提供することが望ましいと考えられることから、厚生労働省の審議会で議論された結果、予防接種法に基づく接種に位置付け、小児を対象にワクチン接種を進めることとされました。

小児(5歳から11歳までの人)の接種は、現時点では「努力義務」が適用されていません

小児用ワクチンは、臨床試験などから有効性や安全性が確認されていること、海外でも広く接種が進められていることなどを踏まえ、日本でも接種が進められることになっています。

しかし、小児については、現時点において、オミクロン株に対するエビデンスが確定的でないことも踏まえ、予防接種法の努力義務の規定は適用せず、今後の最新の科学的知見を踏まえ、改めて議論することが適当であるとされました。

詳しくは、厚生労働省ホームページ(新型コロナワクチンQ&A)「なぜ小児(5~11歳)の接種は「努力義務」が適用されないのですか。」をご参照ください。

※「努力義務」とは、「接種を受けるように努めなければならない」という予防接種法の規定のことで、義務とは異なります。感染症の緊急のまん延予防の観点から、接種にご協力いただきたいという趣旨でこのような規定があります。

新型コロナワクチンを接種することは強制ではありません

新型コロナワクチンの接種を受ける人は、接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種をご検討ください(16歳未満の人の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同意なく接種が行われることはありません)。
また、周りの人に接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをしたりすることのないようお願いします。

市長からのメッセージ(5歳から11歳のお子さんへの接種について)

接種の対象者

匝瑳市に住民登録があり、1回目の接種日時点で5歳から11歳までの人。

1回目の接種を受けた後に12歳になった人

引き続き小児(5歳から11歳までの人)用のワクチンを接種します。

1回目の接種を受ける前に12歳になった人

12歳以上の初回接種としてお手元にある接種券の照会番号で予約ができます。
ワクチンの種類は12歳以上用のファイザー社製です。
詳しくは「初回接種(1回目・2回目接種)」のページをご確認ください。

接種券(一体型予診票)の発送

平成22年5月1日から29年5月21日生まれの人には令和4年3月7日に接種券を発送しました。
※これから満5歳になる人へは順次接種券を発送します。

ワクチンの種類と費用

ワクチンの種類

ファイザー社製の小児用ワクチン

接種回数

2回(1回目の接種後、3週間の間隔で2回目を接種)

※原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません。
※新型コロナワクチンとその他のワクチンは互いに、片方のワクチンを受けてから2週間経過後に接種できます。

接種の費用

無料(全額公費)

接種日程および接種場所

接種は市内の協力医療機関で行います。
医療機関での予約や問い合わせなどは一切受け付けておりません。診療の妨げとなりますのでお控えください。

日程および医療機関

1回目接種日 2回目接種日 医療機関
6月24日(金曜日)

7月15日(金曜日)

増田産婦人科
6月29日(水曜日) 7月20日(水曜日) かわて医院
7月28日(木曜日) 8月18日(木曜日) 鈴木医院
8月3日(水曜日) 8月24日(水曜日) かわて医院

※接種の時間は医療機関や日程により異なりますので、インターネットサイトまたは予約専用コールセンターでご確認ください。
※今後のスケジュールは決まり次第掲載します。
※ワクチンの供給状況や協力医療機関の接種予定により接種日を決定しています。

予約方法

インターネットまたは予約専用コールセンターにて予約してください。

1回目の接種を予約すると、自動で2回目の接種も予約されます。
2回目は3週間後の同じ医療機関、同じ曜日、同じ時間での接種となります。

インターネット予約サイト

匝瑳市新型コロナウイルスワクチン予防接種予約専用サイトへのリンク

匝瑳市新型コロナウイルスワクチン予防接種予約専用コールセンター

電話番号:0479-85-5672
受付時間:月曜日から金曜日(祝日を除く)9時から16時30分まで

副反応・ワクチンに関するお問い合わせ

ワクチン副反応の相談窓口

千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口
電話番号:03‐6412‐9326
受付時間:24時間(土曜日・日曜日、祝日を含む)

「千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口について」千葉県ホームページへのリンク

新型コロナウイルスワクチンに関する問い合わせについて

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0120‐761770
受付時間:9時から21時(土曜日・日曜日、祝日を含む)

※日本語以外の言語にも対応しています。
※聴覚に障がいのある人は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

健康被害救済制度

一般的にワクチン接種では、副反応による健康被害が極めてまれではあるものの、無くすことができないことから救済制度(医療費や障害年金などの給付)が設けられています。
救済制度の内容については、厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」をご参照ください。

新型コロナワクチン関連ページ、資料

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康管理課 健康管理班です。

保健センター 〒289-2144 匝瑳市八日市場イ2408番地1

電話番号:0479-73-1200 ファクス番号:0479-73-6223

メールでのお問い合わせはこちら