健康・福祉

新型コロナウイルスに便乗した犯罪に注意しましょう

新型コロナウイルス感染症に便乗した、さまざまな犯罪やその予兆となる事案が県内で発生しています。
被害に遭わないよう、適切な防犯対策を講じて未然に防止しましょう。

新型コロナウイルスに関連した不審な電話

新型コロナウイルス感染症に便乗した電話de詐欺や「ワクチンの接種」をかたる詐欺の発生が懸念されます。
市役所や総務省、金融機関などの職員が、下記のようなことをすることは絶対にありませんので、ご注意ください。

  • 「ワクチンが優先的に接種できます」「ワクチン接種には費用が掛かります」などとかたり、金銭や個人情報を要求する。
  • 給付金の受け取りのためATM(現金自動預払機)を操作させる。
  • 給付金の受給に当たり、手数料の負担を求める。
  • メールを送り、給付金の手続きのためと言って特定のホームページにアクセスさせたり、金融機関や口座番号を入力させたりする。
  • 警察や市役所職員をかたり、キャッシュカードを預かる、口座の暗証番号を尋ねる。
  • 電話で、金融機関の口座番号や暗証番号、マイナンバーや家族構成、現金の保管の有無などを聞く。

被害に遭わないためにも、犯人からの電話に出ないよう自宅の電話機を留守番電話に設定するなどの対策を行ってください。もし、不審な電話や人物を見掛けた場合は警察へ相談、通報をしてください。

詳しくは千葉県警察本部ホームページ(新型コロナウイルスが絡む犯罪への対策について)をご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境生活課 市民協働班です。

本庁1階 〒289-2198 匝瑳市八日市場ハ793番地2

電話番号:0479-73-0088 ファクス番号:0479-72-1116

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

匝瑳市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?