市長の部屋

市長あいさつ 平成27年1月1日

平成27年市長年頭所感

新生匝瑳ふるさとづくりに邁進

市長(平成27年1月1日) 明けましておめでとうございます。
 市民の皆様におかれましては、新春を健やかにお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
 私は昨年2月、皆様の温かいご支持をいただき、引き続き市政の重責を担わせていただくこととなりました。市長就任以来、「新生匝瑳」を旗印に進めてきた数々の取り組みも、早いもので5年の歳月が過ぎようとしております。
 新春に臨み、諸課題の解決と着実な施策の取り組みに向け、今一度、決意を新たにしているところであります。
 昨年を振り返りますと、2月には椿海小学校屋内運動場が完成し、この日を楽しみにしていた6年生を送る卒業式の華やかな舞台となりました。
 また、通学路などの市内防犯灯は、環境面やコスト面を考慮し、総LED化に取り組みました。
 8月には、匝瑳市学校給食センターが完成し、地元食材を活用した地産地消の推進を図ることはもとより、子どもたちには、栄養バランスのとれた安全・安心でおいしい手作り給食を提供 することができました。
 子育て支援では、中学校3年生までの子ども医療費、第3子以降の保育料の無料化と合わせて4月からは、給食費の第3子の2分の1減免、第4子以降の無料化を実施するなど更なる充実を図ってまいりました。
 また、難読地名が縁で交流が始まった兵庫県宍粟市とは、11月に「災害時等相互応援協定」の締結をするなど友好を深めました。
 本年も市長マニフェストに掲げた「安心・安全のまちづくり」「産業振興のまちづくり」「市民参加のまちづくり」を基本方針として、魅力と活力のあるまちづくりに一意専心取り組んでまいります。
 安心・安全のまちづくりでは、将来を担う児童・生徒の安全第一を考え、耐震強度の不足する教育施設の建て替えを計画的に行ってまいります。
 本年は、防災機能を備えた共興小学校屋内運動場が2月に完成予定であり、新たに野田小学校、栄小学校屋内運動場の建設にも着手いたします。
 また、災害時の市民の避難場所としての機能も備えた(仮称)合併記念公園は、平成27年度の完成を予定しております。
 産業振興のまちづくりでは、宍粟市との観光物産での交流の推進やJR東日本とのタイアップによる「駅からハイキング」など誘客事業を推進し、観光の振興を図ってまいります。
 また、昨年作成いたしました観光ガイド「まっぷる匝瑳市」は、大変好評を得ていることから、増刷および概要版を作成し、匝瑳市の更なるPRに努めてまいります。
 市民参加のまちづくりでは、市民協働指針の策定に向け、協働に対する理解と周知を図るため講演会を開催するなど、「協働のまちづくり」を推進してまいります。
 また、行財政環境は一段と厳しさを増すことが予想されておりますので、将来にわたって持続可能な行政運営への転換を図るため、財政健全化計画を策定し、効率的かつ効果的な財政運営を図ってまいります。
 今後も、少子高齢化に伴う子育て支援や医療・福祉の充実、地域を支える経済の活性化や雇用の促進、また、総合的な危機管理や防災力の充実など、さまざまな課題を解決しながら、誰もが住みたい、住み続けたいと思える「新生匝瑳ふるさとづくり」に邁進してまいりますので、皆様のより一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 本年が皆様にとりまして、幸多き一年となりますことを心からお祈り申し上げまして、新年のご挨拶といたします。

匝瑳市長 太田安規

完成した椿海小学校屋内運動場(左)
学校給食センター(右)

         今泉地先に整備した津波避難タワー(左)と完成を間近に控えたそうさ記念公園(右)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課 広報広聴班です。

本庁2階 〒289-2198 匝瑳市八日市場ハ793番地2

電話番号:0479-73-0080 ファクス番号:0479-72-1114

メールでのお問い合わせはこちら