市長の部屋

市長あいさつ 平成30年8月1日

酷暑

市長(平成30年8月1日) 朝のあいさつは「今日も暑いねー!!」から始まる連日の猛暑。埼玉県熊谷市で41・1度の記録更新など酷暑に襲われる今年の夏。反面、一たび雨が降れば1日で1か月分の降雨量という集中豪雨が来襲。西日本の豪雨災害では川の氾濫や土砂災害で200人を超える尊い人命が奪われました。難読地名がご縁で災害時相互応援協定を締結している兵庫県宍粟しそう市でも犠牲者があり、市内全域で大きな被害に見舞われたというニュース報道を目にし、亡くなられた市民の方に哀悼の意を表すとともに早期復旧を念じ匝瑳市、市議会そして四役課長会からも見舞金を送らせていただきました。また、宍粟市支援募金箱を市関係施設の窓口に設置いたしましたのでご協力をお願いいたします。
 被災地における被災者やボランティアの方々の懸命な復旧活動の報道とともに大きく取り上げられているのが熱中症であります。近年地球温暖化の影響か、熱中症という言葉が多く聞かれ、これによって、亡くなる方も年々増加しております。
 本市でも暑い7月に、堀川西・八坂神社祇園祭、のさかふれあい祭り、富谷・愛宕神社祭礼、市場まつり、駒まね祭、東谷・八坂神社祇園祭、篭部田・星宮神社祭礼が盛大に行われました。8月4日・5日は、本市最大の八重垣神社祇園祭が宮元である東本町の年番のもと開催。曜日も土・日のため、例年以上の盛況が期待されます。参加する方はもちろんですが、沿道で見物される皆様も大きな声援で盛り上げてください。
 なお、前述したように熱中症には気を付けましょう。特に、子どもや高齢者は体温調整機能の未発達や低下のため要注意です。対策としては、暑さを避け、こまめに水分や塩分を取り(塩分を含むスポーツドリンクが良好)、外出時には帽子や日傘を用いるよう心掛けてください。また熱中症らしき人を見たら、涼しい所へ避難させ首元や脇の下を冷水や氷で冷やし、重い症状であれば119番へ通報してください。
 暑い中での祭りやスポーツ、イベントなどに参加する際には熱中症対策を万全にして心地よい汗をかきましょう。

匝瑳市長 太田安規

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課 広報広聴班です。

本庁2階 〒289-2198 匝瑳市八日市場ハ793番地2

電話番号:0479-73-0080 ファクス番号:0479-72-1114

メールでのお問い合わせはこちら