健康・福祉

市民の皆様へ市長からのメッセージ

市長メッセージ(7月4日)

  本日、匝瑳市内において新型コロナウイルスの感染が確認されました。
  国の緊急事態宣言が解除された当初、新規感染者数は一旦落ち着いたように見えましたが、その後、東京都では徐々に感染者数が増加し、7月2日から3日連続で100人を超える状況となっています。
  また、隣接する神奈川県、埼玉県におきましても、連日、感染者が確認されています。
  未だ終息の見通しが立たない中、市民の皆様には、新しい生活様式の実践に加え、引き続3つの密を避ける、マスクの正しい着用、手洗いの徹底など、感染防止に努めていただきますようお願いいたします。
  また、感染症に関しての誹謗中傷による不当な差別や偏見は、絶対にあってはならないことですので、皆様には、冷静に行動していただきますようお願いいたします。

匝瑳市長  太田  安規

市長メッセージ(5月26日)

  5月25日、国は、約1カ月半に及ぶ「緊急事態宣言」を全国的に解除することを発表いたしました。
  この間、市民の皆様には不要不急の外出自粛をはじめ、学校の臨時休業など感染拡大防止へのご協力をいただきましたことに心より感謝申し上げます。
  また、事業者の皆様におかれましては、営業の自粛にご理解をいただきましたことに重ねて感謝申し上げます。
  本市では、長期間にわたる自粛生活による経済的な負担に対しまして、子育て世帯や中小企業などへの独自の支援策に取り組んでおりますが、今後、さらに新たな支援策に取り組む予定であります。
  「新しい生活様式」を踏まえた生活スタイルへの移行・定着に向けて、市民の皆様におかれましては、引き続き、感染拡大の防止にご協力をいただきますようお願い申し上げます。

匝瑳市長  太田  安規

市長メッセージ(5月5日)

  5月4日、国は、5月6日までとする「緊急事態宣言」を「5月31日」まで延長することを発表いたしました。
  匝瑳市を含む千葉県は、「特定警戒都道府県」で、感染拡大の防止に向け、これまでの取り組みを継続していく必要があります。
  市民の皆様には、これまでも長期間にわたり不要不急の外出自粛をはじめ、学校の臨時休業など、感染拡大防止のためさまざまな対策にご理解とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
  また、事業を営んでいらっしゃいます皆様におかれましても、営業の自粛などへのご協力をいただいておりますことに重ねて感謝申し上げます。
  長引く外出自粛などにおいて、精神的、肉体的なご負担を感じていることと思いますが、終息の見通しが立たない中では、国が提唱する新しい生活様式の実践として、3つの密を避け、マスクの着用による正しい外出や、ご自宅でストレッチを行うなど、引き続き体調管理に努めていただきますようお願いいたします。
  これからの1カ月は、何よりもご自身と大切な人の命を守りながら、新たな日常を取り戻すための大切な期間です。
  市民の皆様には、今しばらくの取り組みとご協力をお願いいたします。

匝瑳市長  太田  安規 

 

市長メッセージ(5月1日)

  緊急事態宣言が発出されてから3週間余りが経過し、市民の皆様には、外出の自粛など、感染防止のためのさまざまなご協力をいただいておりますことに厚くお礼申し上げます。
  また、新型コロナウイルス感染症の検査、治療など、最前線でご尽力をいただいております医療従事者の皆様をはじめ、介護など市民生活の維持に関わっておられる皆様には、心から敬意と感謝を申し上げます。
  ご存じのように国内外においては、依然として新たな感染が発生しており、感染拡大の終息は見通せない状況であります。
  このような中において、匝瑳市新型コロナウイルス感染症対策本部では、これまで16回の対策会議を開催し、新型コロナウイルス感染症に係るさまざまな対策に取り組んでいるところであります。
  市民の皆様には、引き続き小まめな手洗いや咳エチケット、3つの密を避けるなどにご協力をいただきますとともに、大型連休中は旅行やレジャーなどの「不要不急」の外出は控えていただき、自宅で過ごす「ステイホーム」にご協力いただきますようお願いいたします。

匝瑳市長  太田  安規 

 

市長メッセージ(4月8日)

  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月7日、安倍首相より7都府県を対象区域とした緊急事態宣言が発出されました。
  千葉県もこの区域に含まれており、緊急事態措置を実施する期間は、5月6日までの1か月とされました。
  このため、市といたしましては、公民館など各公共施設について、5月6日まで休館するとともに、各小・中学校および幼稚園についても、同日まで、休業、休園することといたしました。市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
  4月7日現在、県内では290人の感染者が確認されております。市民の皆様におかれましては、もし、自分が感染したら、大切な家族や友人などに感染させてしまうかもしれないという危機感を持ち、手洗い、咳エチケットなどの徹底や、不要不急の外出と、密閉、密集、密接の3つの密を避けるなど、自らが感染拡大を防ぐための行動をされますようお願いいたします。

匝瑳市長  太田  安規 

 

市長メッセージ(3月16日)

  新型コロナウイルスの感染が匝瑳市内でも確認され、市民の皆様の多くが不安な毎日を送られていることと思います。
  本市では2月7日(金曜日)に「匝瑳市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、国・県・医療機関など緊密に連携し、感染予防に取り組んでおります。
  多くのイベントの中止や各施設の休館、市内小・中学校の休業など、皆様には、大変ご不便をおかけしますが、感染症の拡大防止のため、ご理解をお願いします。
  感染症に関しての誹謗中傷や風評被害などは不当な差別や偏見を生み、人々の不安をあおることになります。皆様には、冷静に行動をしていただきますようお願いします。
  また、感染症を予防するためには、皆様一人ひとりの行動が非常に大切であります。手洗い、咳エチケットなどのより一層の徹底とともに、体調の管理にも十分留意していただきますようお願いします。
  もし、風邪の症状や37.5度以上の発熱が続いたとき、倦怠感や息苦しさを感じたときは、医療機関受診前に「帰国者・接触者相談センター」である海匝健康福祉センター八日市場地域保健センターの相談窓口(電話番号:0479‐72‐1281)へ連絡してください。
  皆様のご協力をお願いします。

匝瑳市長  太田  安規 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康管理課 健康管理班です。

保健センター 〒289-2144 匝瑳市八日市場イ2408番地1

電話番号:0479-73-1200 ファクス番号:0479-73-6223

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る