1. 現在のページ
  2. 市長の部屋
  3. 市長あいさつ
  4. 令和元年度
  5. 市長あいさつ 令和元年6月1日

市長の部屋

市長あいさつ 令和元年6月1日

宍粟市へエール

市長令和元年6月1日 「平成」から「令和」へと新たな時代が幕を開けました。
 この間の大型連休で、心身ともにリフレッシュしたのも束の間、休み明けにはすぐさま総会シーズンに突入。時には1日数回も出席させていただくこともありました。先月は、あいさつなどで数多く令和の話題に触れましたが、未だ平成が体に染みついているのか、令和と発する直前は、頭の中で再確認してから声にするようにしており、スムーズに話せるようになるには今少し時間がかかりそうです。
 平成の時代は、携帯電話やインターネットの普及が日常生活にも大きな変化をもたらし、また、ノーベル賞では17人の日本人(日本国籍)が受賞し、サッカー女子ワールドカップでは、なでしこジャパンが優勝するなど明るい話題も数多くありました。その一方で、阪神淡路大震災や熊本地震など大規模な自然災害が多発し、東日本大震災では本市も大きな被害を受けました。
 令和の時代は、国民が明日への希望を咲かせ、災害のない平和で幸福に満ちた時代となるよう願っております。
 先月14日、本市が難読地名の東西横綱がご縁で交流し、「災害時等相互応援に関する協定」を締結している兵庫県宍粟(しそう)市の福元晶三市長が、本市にお立ち寄りくださいました。同市は、昨年7月の西日本豪雨で市民が犠牲となるほどの甚大な被害を受けられ、その際、匝瑳市から市民の皆様や市議会、市役所などからの支援金をお送りしたことへのお礼を兼ねての訪問でありました。ごあいさつでは、匝瑳市民への感謝の言葉を述べられる中で感極まる場面もあり、そのお人柄とともに、熱意と誠意のこもった心情を察し、このたびのご訪問を通じて、両市の連帯感がさらに強くなったと感じております。
 現在も福元市長を先頭に、災害復旧に取り組まれているとのことであり、宍粟市の皆様には改めて心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興をお祈りいたします

匝瑳市長 太田 安規

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課 広報広聴班です。

本庁2階 〒289-2198 匝瑳市八日市場ハ793番地2

電話番号:0479-73-0080 ファクス番号:0479-72-1114

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る