1. 現在のページ
  2. 市長の部屋
  3. 市長あいさつ
  4. 平成26年度
  5. 市長あいさつ 平成26年7月1日

市長の部屋

市長あいさつ 平成26年7月1日

ルールとマナーの大切さ

市長(平成26年7月1日) 6月定例市議会の一般質問が終わり一息ついた第4日曜日は、母校・匝瑳高校同窓会の総会に出席。帰り道、孫の習字の初展覧会へ足を運ぶ。師いわく「書の良しあしよりも堂々とした字に性格が表れている」と褒められたのか慰められたのか妙な気持ちであったが、孫には、興味を持ち末永く取り組んでくれればと期待したい。
 午後は楽しみにしていたテレビ番組が二つ。一つはプロ野球セ・パ交流優勝決定戦。そして、ゴルフ日本一を決める決勝ラウンド中継である。優勝争いは、34歳で無名の日本人選手・竹谷プロ対韓国人選手3人。中盤の流れは竹谷プロに向いていたが、初優勝のプレッシャーで終盤失速する中、韓国若手選手の李プロが猛追し、最終ホールで並びプレーオフに突入。この流れでは、李プロの勝ちかなと思いながら野球にチャンネル変更。巨人の優勝を確信し、そろそろプレーオフが始まる頃と、再びチャンネルをゴルフへ。するとテレビ画面から伝わってくる異様な雰囲気。李プロが試合途中のグリーン上でペナルティ行為があったと競技役員からの指摘に対し、本人は否定している。その場面はテレビで実況中継していたが、私も含め多くの人が気付かなかったと思う。野球でも微妙な判定にはビデオで確認する時代。本人は悪意もなく流れの中での行為であったのだろうが、何回もビデオで再現、説得され、断腸の思いでペナルティを受け入れた結果、優勝決定戦は行われず、今年のゴルフ日本一は竹谷プロに輝いたのだが、本人の気持ちはいかなるものか…?
 私はゴルフが楽しければよいと思ってプレーしていましたが、ルールやマナーに厳しいスポー ツであることを一年で一番大きな大会で思い知らされました。ゴルフに限らず社会においてもルールとマナー順守の大切さを再確認したところです。

匝瑳市長 太田安規

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課 広報広聴班です。

本庁2階 〒289-2198 匝瑳市八日市場ハ793番地2

電話番号:0479-73-0080 ファクス番号:0479-72-1114

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る