1. 現在のページ
  2. 市長の部屋
  3. 市長あいさつ
  4. 平成26年度
  5. 市長あいさつ 平成26年10月1日

市長の部屋

市長あいさつ 平成26年10月1日

健康は自分で守る

市長(平成26年10月1日) 親交のあった知人2人が大腸がん、前立腺がんで相次いで逝ってしまいました。心から哀悼の意を捧げると同時に、がんの恐ろしさを再認識させられました。私のマニフェストでは、健康・福祉・医療の充実を重点施策として掲げていますが、特に死因順位でトップとなるがんについての各検診では、いずれも受診率が低いことから、本年度は未受診の方々に対してアンケート調査を行ったところです。
 私は、胃カメラ検査は何度か受けていますが、人間ドックは未経験で、毎年ドックを受けている友人から強く勧められたこともあり、今回、意を決して受診しました。病院の受付で手続きをしていると、船橋市長を4期務められた藤代孝七さんと邂逅。藤代先輩曰く、「市民の皆さんや職員に健康管理を勧めるからには、自ら率先し16年間人間ドックを受診している」とのこと。その言葉は、私の胸にグサリと突き刺さりました。
 検査も順調に進み、いよいよ最後となった大腸の内視鏡で、ポリープ2個が発見。大きくなるとがんになる可能性もあるようで、手術は半日で済み、入院も不要とのことから、後日、再来院して切除しました。事前に2リットルの腸管洗浄剤を飲むのに一苦労しましたが、施術中はモニター画面での説明を受け、何ら痛みもありませんでした。
 また、その際、人間ドックで判明したピロリ菌の除菌療法も受けました。上水道がない時代に育った世代の約8割に胃の粘膜に生息しているといわれ、胃炎や胃潰瘍、最悪の場合はがんの発症要因にもなるようです。ただし、服薬中の約1週間は禁酒が条件。酒好きな私には、少々ハードルが高く感じましたが、健康のために一石二鳥の思いで取り組みました。自分の健康は自分で守ることが大切です。皆さんもぜひ定期健診を受けてください。

匝瑳市長 太田安規

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課 広報広聴班です。

本庁2階 〒289-2198 匝瑳市八日市場ハ793番地2

電話番号:0479-73-0080 ファクス番号:0479-72-1114

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る