1. 現在のページ
  2. 市長の部屋
  3. 市長あいさつ
  4. 平成29年度
  5. 市長あいさつ 平成29年11月1日

市長の部屋

市長あいさつ 平成29年11月1日

秋の誤算

市長(平成29年11月1日) 「女心と秋の空」のことわざが風化するような昨今の世相。そして、現代の気象予報は長期にわたり正確に伝達されることで、諺を耳にしなくなったのかも知れません。
 それにしても10月は多くの雨が降りました。野外行事は秋雨あきさめに左右されます。
3年続いた講堂内での「飯高檀林コンサート」でしたが、今年は秋空の下、境内で大盛況。翌週の「よかっぺ祭り」は雨天により、楽しみにしていた「たるみこしパレード」が見られず誠に残念。電撃解散による第48回衆議院議員総選挙は台風をも呼び込み、まさに雨中の戦いでありました。今回の選挙で安倍総理と小池代表それぞれに誤算があったように思います。
 野党第一党の民進党の代表が決まったが、いまだ方針が打ち出されない状況と、小池都知事を中心とする新党立ち上げ前のこの時期が最高のタイミングと判断し、安倍総理は解散権を行使したと思いますが、瞬時に「希望の党」が結成され、自民党に肉迫するまでに盛り上がった事が誤算その一。その二は、破竹の勢いの中でおごりが出たのか小池代表が発した「排除」の一言であり、多くの選挙民が代表への疑問や失望感で一気に失速した事であります。
 そして、10名の議員定数減もありますが、開票結果は解散前の与野党の勢力図に変化はなく、自・公連立与党は安定多数を確保。野党第一党の民進党が解体し、「希望の党」と「立憲民主党」そして無所属に分裂しただけの選挙であったように思えます。
 今後、国会や党運営で注視するのは「希望の党」でありましょう。希望を乗せた大きなアドバルーンとして大空を舞い、存在感を示すことができるのか、それとも分裂を重ね水泡に帰すのか、注目していきたいと思います。
 それにしても表現する言葉ひと言の難しさとその影響力に痛感させられました。

匝瑳市長 太田安規

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課 広報広聴班です。

本庁2階 〒289-2198 匝瑳市八日市場ハ793番地2

電話番号:0479-73-0080 ファクス番号:0479-72-1114

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る