健康・福祉

デング熱の対応について

 厚生労働省のホームページに、デング熱(国内感染症例)に関する情報が随時更新され、掲載されています。ご注意いただくとともに、予防対策や蚊の発生源対策等にお役立てください。

デング熱とは

 デングウイルスが感染しておこる急性の熱性感染症です。

 デング熱は、ウイルスに感染した人の血液を蚊が吸うと、蚊の体内でウイルスが増え、他の人がその蚊にさされることでウイルスが感染します。

 ヒトからヒトに直接感染するような病気ではありません。

 また、感染しても発症しないことも多くみられます。

症状

 突然の発熱で発症し、頭痛、顔面紅潮、結膜充血、筋肉痛、関節痛、皮膚の発疹などが主な症状です。このような症状がある場合には、早めに受診しましょう。

 蚊に刺されてから症状が出るまでは、2日から15日(多くは3~7日)と言われています。

 まれに重症化して、出血やショック症状を発症するデング出血熱やデング症候群に移行することがあります。

 一般に、1週間前後の経過で回復する感染症です。

治療法

 特異的な治療法がないため、対症療法(その時の症状を軽くするために行われる治療法)が主体となります。現在のところ、有効な抗ウイルス薬はありません。

予防法

 国内では、ヒトスジシマカがデング熱を媒介する可能性があるため、蚊との接触を避け、刺されないようにすることが重要です。

【対応例】

 長袖、長ズボンを着用して肌の露出をなるべく避けるとともに、虫よけ剤等を使用して蚊を寄せ付けないようにしてください。

 屋外だけでなく、屋内においても蚊の駆除を心がけてください。

 住宅周辺に存在する幼虫発生源(バケツに溜まった雨水等)をなくすことも、平常時からできる対策の1つです。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康管理課 健康管理班です。

保健センター 〒289-2144 匝瑳市八日市場イ2408番地1

電話番号:0479-73-1200 ファクス番号:0479-73-6223

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

匝瑳市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る