熱中症とは

 高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態です。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送が必要となったり、場合によっては死に至ることもあります。

 熱中症について正しい知識を身に付け、体調の変化に気を付けましょう。また、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

 

熱中症の症状
  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
  • 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

 重症になると

  • 返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

 

熱中症予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切

  • 暑い日の外出はできるだけ避けましょう。
  • 外出する場合は日傘・帽子など涼しい服装を工夫しましょう。
  • こまめに水分を補給しましょう。
  • 日陰を利用してこまめに休憩をとりましょう。
  • 室内でも熱中症は発生しています。エアコン・扇風機を上手に利用しましょう。
  • 節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないよう注意してください。

 

熱中症になった人への処置

  • 涼しい場所へ避難させる。
  • 衣服を脱がせ、身体を冷やす。
  • 水分、塩分を補給する(イオン飲料などを飲ませるなど)。

症状が改善しない場合は、病院へ行きましょう。

意識がない場合や様子がおかしい場合は、現場で冷やし始めるとともに、直ちに救急車を呼びましょう。

 

子どもの熱中症対策

  • 小児は、体温調節が十分できない上に、「暑い」と訴えることもあまりありません。このため、親が注意して見ることが必要です。
  • 外出は、午前中や夕方など涼しい時間帯にしましょう。
  • 外出には、必ず水筒を持参して帽子もかぶりましょう。
  • 外では、地面に近いほど高温になっています。アスファルトの照り返しなどにも注意しましょう。
    短時間でも、絶対、車内に子どもを放置してはいけません。
  • 子どもは寝汗も良くかきますので、注意しましょう。 

 

関係資料

熱中症予防のために [791KB pdfファイル]