匝瑳市と独立行政法人住宅金融支援機構は、「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型及び匝瑳市転入者マイホーム取得奨励金交付事業に係る相互協力に関する協定」を締結しました。

 この協定に基づき、匝瑳市転入者マイホーム取得奨励金の交付と併せて、フラット35の借入金利について、一定期間の引き下げを受けることができます。

フラット35の返済額が約38万円の軽減に

 匝瑳市転入者マイホーム取得奨励金交付事業で、新築住宅の取得に最大100万円、中古住宅の取得に最大60万円の奨励金を交付することに加え、フラット35の当初5年間の借入金利について、年0.25%の引き下げを受けることができます(平成31年3月31日までの申し込み・受け付け分の場合)。

 例えばフラット35で、3,000万円の借り入れをした場合、返済額が約38万円(※)軽減されます。

※借入期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし、金利1.35%で当初5年間、年0.25%引き下げの場合の試算例

 

制度の説明チラシ [671KB pdfファイル] 

 

証明書の交付対象者

 匝瑳市転入者マイホーム取得奨励金の交付要件を全て満たす予定で、次の【フラット35】子育て支援型または地域活性化型の要件を満たす人に証明書を交付します。

子育て支援型の要件
  • 中古住宅(※)を購入すること

※建築後使用されたことがある住宅(建築工事完了の日から起算して1年を経過した未使用の住宅を含む)

  • 奨励金交付申請日において、奨励金交付申請者またはその配偶者が満40歳未満であること
  • 奨励金交付申請日において、義務教育終了前の子ども(満15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子)が同居していること(世帯に義務教育終了前の子どもがいる場合の加算を利用すること)
地域活性化型の要件
  • 申請者が匝瑳市外から匝瑳市内に転入すること
  • 「新築住宅を建設または購入すること」または「中古住宅を購入すること」

※中古住宅を購入する場合は、「申請者またはその配偶者が満40歳未満である夫婦が転入する場合の加算」または「世帯に義務教育終了前の子どもがいる場合の加算」を利用すること

  • 子育て支援型の対象でないこと

 

証明書の提出など

 フラット35借入契約時までに、匝瑳市から「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」の交付を受け、取り扱い金融機関へ提出する必要があります。

 証明書の交付を受けるためには、次の申請書類を持参し、市役所2階企画課に申請してください。

 

申請書類

共通

 

子育て支援型の場合
  • 中古住宅の売買契約書等の写し
  • 住民票謄本(続柄の記載されたもの)
  • 戸籍の附票の写し(匝瑳市への転入(予定)日から起算して過去3年間以上匝瑳市以外の市区町村に住所を有していたことが分かるもの)
  • その他市長が必要と認める書類(※)

※次の書類を提出してください(証明書の交付申請時点で提出できない書類は、奨励金の交付申請時に提出) 

  住宅の居住面積が明らかになる図面および計算書

 

地域活性化型の場合
  • 住宅の売買契約書または工事請負契約書の写し
  • 住民票謄本(続柄の記載されたもの)
  • 戸籍の附票の写し(匝瑳市への転入(予定)日から起算して過去3年間以上匝瑳市以外の市区町村に住所を有していたことがわかるもの)
  • その他市長が必要と認める書類(※)

 ※次の書類を提出してください(証明書の交付申請時点で提出できない書類は、奨励金の交付申請時に提出してください。) 

  1. 住宅の居住面積が明らかになる図面および計算書
  2. 建築基準法に規定する確認済証および検査済証の写し(中古住宅および都市計画区域の区域外に所在する新築住宅については、提出を要しない。)

 

注意事項

  • 本証明書の交付申請とは別に、匝瑳市転入者マイホーム取得奨励金の申請(※)が必要となります。

※住宅入居後の申請となります。

  • 本証明書は、フラット35の借入契約成立を保証するものではありません。
  • フラット35の借り入れ申し込みについては、取り扱い金融機関へお問い合わせください。