中心市街地に隣接する丘陵地、通称”天神山”を、立地や地形、自然環境を活かした市民の憩いの場として、また、「日本一の植木のまち」にふさわしい個性的でレクリエーション機能の高い都市公園として整備します。特に、市民各層の利用を考慮した芝生広場やさくら広場、こども広場、展望広場、休憩広場など多様なオープンスペースを整備し、散策路等でこれらを結んでいます。

また、桜の植栽により”花見の名所化”の形成に努めるほか、四季の草花などを随所に配置し季節のうつろいと華やぎを実感できる心安らぐ都市空間を創出します。