福善寺の仏画

福善寺は、中央地区萬町字東ノ妻にあります。
「十二天像」(12幅)、「真言八祖像」(8幅)、「高野四社明神図」(1幅)は県の指定文化財。
いずれも絹本著色の仏画で、このうち真言八祖像は空海をはじめ、真言宗の祖8人を描く室町時代後期の作で、各幅とも縦80cm、横41cm。また、高野四社明神図は金泥を随所に使用した室町時代の作です。

場所

中央地区萬町/匝瑳市八日市場イ2326番地

交通
  • 徒歩
    • JR八日市場駅から北へ約10分
備考

年1回、1月下旬の日曜日に公開