長徳寺の仏画

長徳寺は、須賀地区横須賀の古屋敷と呼ばれている畑地にあった、常光寺の僧によって建てられた小坊寺の地蔵院が、寺院形態を整えてできた真言宗智山派の寺です。
絹本著色の仏画「普賢延命菩薩像」「愛染明王像」の2幅は、昭和50年6月に国の重要文化財に指定されています。
「普賢延命菩薩像」は縦135cm、横60cmで、鎌倉時代後期の作で、大安楽、長寿を祈る主尊です。
また、「愛染明王像」は縦136cm、横65.5cmで、鎌倉時代から南北朝時代の作とみられ、敬愛息災、滅罪招福の功徳を備えた尊像です。

場所

須賀地区横須賀/匝瑳市横須賀1294番地

交通
    • JR八日市場駅から南へ約10分
  • バス
    • 同駅から市内循環バス(須賀循環)で「横須賀」下車、徒歩約7分
備考

年1回、1月下旬の日曜日に公開