伝説の地(豊和地区大寺) 

 それは、それは遠い昔のお話じゃ。下総(しもうさ)の国の印旛沼(いんばぬま)の地方では、雨が一粒も降らず、来る日も、来る日もお日様がギラギラと照りつけていたそうな。

 「ああ、いつまで、この日照りは続くんじゃろう。このままでは、わしらの食い物も尽きてしまうわ」 

 「あしたこそはなあ、雨が降んねえかなあ」

 村人たちの願いもむなしく、日照りは続き、飢えで死んでしまう者も、出て来る始末じゃった。

 このことを知った天皇は、釈明(しゃくめい)というお坊さんに雨乞(あまご)いの祭りをやって、雨を降らせるよう命じたそうな。

 早速、釈明は印旛沼に船を漕ぎ出して、沼の真ん中で、“海龍王経”(かいりゅうおうきょう)などを読み続けて、龍神様(りゅうじんさま)に、お祈りをした。

それは、それは、命がけのお祈りだったそうな。

 一日、二日、三日と、釈明の声は絶えることなく沼のあたりに響き渡ったそうな。

 すると、どうでしょう。三日目の夕方、ちょうどお日様が地面にかくれる頃のことじゃった。

 「ザザザザーッ」

 ものすごい波の音とともに、沼の中から龍神様が現れたのじゃった。 やがて天に舞い上がり、暮れゆく空の中に姿を消したそうな。

 と、その時じゃった。

 突然、真黒な雲が地面から、もくもくと舞い上がって、いなずまと雷鳴の中で渦巻きが起こったそうな。

 「ポツリ、ポツリ」

 天から大粒の雨が落ちてきましたと。だんだん雨は激しくなって、一日二日と降り続いた。

 今まで、ひび割れしていた田んぼも、枯れ草同様の畑の作物も、生き返ったと。

 「助かった。助かった」

 「ありがたいことだ。ありがたいことだ」

 村人たちは、天にも昇る思いで、手を合わせ、読経(どきょう)したそうな。

 七日目。その日は特にすごい雷光(らいこう)と雷鳴(らいめい)の日じゃった。

 「ぴかっ」

 「ズズーン。バリバリバリッ」

 天も地もふっ飛ぶような雷鳴が、とどろき渡ったそうな。

 「ああっ。龍の体が・・・・・・」

 村人たちは、一瞬、凍りついたように立ちどまった。三つに裂けた龍の姿を見たのじゃった。

 私たちを救ってくれた龍・・・・・・。 村人たちは三つに裂かれた龍の体を捜しにに出かけたそうな。

 すると、二本の角のついた頭は安食(あじき)に、腹は本埜(もとの)に、尾は大寺(おおでら)に落ちていたのが見つかった。

 「おらたちの身代わりになってくれた龍よォー」

 「わしらの神様じゃー」

 変わり果てた龍を見つけた人々は、それぞれの地で供養することにしたのじゃった。

 頭部は、石の唐櫃(からびつ)に納めて龍角寺(りゅうかくじ)の堂前に埋めた。

腹は、本埜の地蔵堂に納めた。尾は、大寺の寺に納めたそうな。龍角寺(りゅうかくじ)、龍腹寺(りゅうふくじ)、龍尾寺(りゅうびじ)とそれぞれ寺の名前なったと。 


原話 房総の民話、千葉県の歴史、北総誌史  


 

◇大寺にある龍尾寺(平成18年10月撮影)