市内で見逃せないポイントをご紹介します。

 飯高寺 八重垣神社祇園祭 ふれあいパーク八日市場 黄門桜 安久山のスダジイ 松山庭園美術館 

 

飯高寺(国指定重要文化財)

飯高寺講堂 約6万7千平方メートルの境内には、総門、鐘楼(しょうろう)鼓楼(ころう)、講堂の4棟が国指定の、そして、一切経蔵(いっさいきょうぞう)題目堂(だいもくどう)庫裡(くり)が県指定の文化財として保存され、これらの建造物を巨大な森が包みこみ、見事なほどに調和しています。四季折々にかもし出される景観は、訪れる人々にきっと驚嘆を与えることでしょう。

 この周辺は起伏に富み、飯高寺だけではなく飯高神社、妙福寺、黄門桜、天神の森、八坂神社など、見逃せないポイントが多く所在しています。

鼓楼飯高神社黄門桜

ガイドの案内で檀林をより詳しく

 飯高檀林を案内する無料観光ガイドを行っています。
 詳しくは「飯高檀林観光ガイド」のページをご覧ください。

 

 匝瑳市の文化財

 この他の市内の文化財は「歴史・文化(文化財)」のページをご覧ください。

 

八重垣神社祇園祭

 八日市場の夏を代表する「祇園祭」は、毎年8月4日、5日の両日、市内中心部に鎮座する八重垣神社の祭礼として行われています。中央地区10町内ごとに、ねじり鉢巻に法被姿の若者が20数基の神輿を担ぎ、渡御する威勢のよい祭りです。

 4日は、女神輿が男神輿に負けじと10町内を渡御し、5日は連合渡御に始まり、連合渡御で幕が閉じられます。この2日間は真夏の煮えたぎるような暑さと、見物客とを祭りの熱気が飲み込んでしまうほど、町中が燃え上がります。

 この祇園祭の歴史は古く、神輿の担ぎ手と囃子連が一対となり、独特の曲「まつり囃子」の演奏によって終始担ぎ手を囃し立てる様相は、全国的にも極めて珍しい特徴です。

日時

 毎年8月4日、5日

交通

 JR八日市場駅下車、徒歩3分

 

 匝瑳市の伝統行事・祭り・イベント

 この他の市内の祭り、伝統行事については「祭り(伝統行事)」のページをご覧ください。

 市民祭りなど市内のイベントについては「市民まつり・イベント」のページをご覧ください。

 

ふれあいパーク八日市場

 東総広域農道沿いに都市と農村の交流ターミナルとして、毎日大勢の皆さんに、地元で収穫した新鮮な農産物販売や、花・植木の販売を行っています。

 郷土料理を売り物とした「里の香」での食事は、まさに「ふるさとのおふくろの味」が楽しめます。ぜひご賞味ください。

ふれあいパーク八日市場

 

黄門桜

 黄門桜(こうもんざくら)は、元禄11年(1698年)に水戸黄門が飯高寺へ訪れたことを記念して植えられた並木桜のうち唯一現存する由緒ある一本桜です。

 幹周り5.5m、樹高約7m、葉張り約16m、山桜の一種で、ソメイヨシノより1週間くらい遅く開花します。

黄門桜

 

 匝瑳市の花の見どころ

黄門桜の開花情報ほか、市内の花の見どころについては「花だより」のページをご覧ください。

 

安久山のスダジイ

 「安久山のスダジイ」は、幹周りが10mにもなる全国でも有数の大きさを誇るシイの木です。そして、必見すべきはその根です。

 板根状になった根回りは今にも歩き出しそうなくらい曲がりくねり、自然の持つ力強さがひしひしと伝わってきます。

 熱帯雨林とは気候が全く違うここ千葉県で、このような板根が見られるのは極めて珍しいです。

安久山のスダジイ

 

松山庭園美術館

 この美術館は、芸術家の此木三紅大(このきみくお)氏のコレクションとアトリエを公開したものです。
 数々の名画や茶道具を中心に展示し、庭園内には企画展示館、長屋門、見晴らし亭、茶室などが点在しています。

 四季折々の景観の中にある野外彫刻もお楽しみください。

松山庭園美術館

開館日

 金曜日、土曜日、日曜日、祝日

開館時間

 午前10時から午後5時まで(7月・8月は午後6時まで)

入館料
  • 大人800円
  • 小中学生400円
  • 団体(20人以上)は各100円引き
問い合わせ

 電話 0479-79-0091

松山庭園美術館のホームページへのリンク