市では、人口減少の抑制と後継者対策の一環として、男女の出会いの場を創出する婚活支援事業(婚活イベントの実施など)を行ってきました。

 婚活を行う皆さんをより一層支援するため、結婚に向けたサポートを行う「婚活サポーター制度」を創設しました。制度の概要や利用方法などについては以下をご覧ください。

 

利用登録要件

  • 独身であり、結婚を目的として異性との交際を希望していること。
  • 年齢が20歳以上49歳以下であること。 
  • 原則として、市内に住所を有する人であること。ただし、結婚後、速やかに市内に居住することを誓約する場合は、市外に住所を有する人も登録することができます。

※原則、市外に住所を有する人同士の紹介は行いません。

 

登録期間、登録料

  • 登録期間は、登録した日から50歳の誕生日の前日までです。
  • 登録料は無料です。

 

サポートの内容 

  • 出会いの創出(異性のご紹介、お見合いのセッティングなど)
  • その他、婚活や結婚後の生活に関する相談やアドバイスなど

 

利用登録方法など

 婚活サポーター利用者登録申請書に、次の書類を添えて、企画課まちづくり戦略室(市役所2階)まで提出してください。

  • 誓約書(利用者用) ※利用者登録申請書内に記載されています。
  • 本籍地の市区町村長が発行する独身証明書
  • プロフィール ※プロフィールは2部作成し、市と担当の婚活サポーターに提出します。

  

婚活サポーター利用者登録申請書 [91KB pdfファイル]

プロフィール [68KB pdfファイル] 

 

婚活サポーターのご紹介

婚活サポーター 一覧 [133KB pdfファイル] 

 

婚活サポーター利用の流れ(概要)

  1. 市に婚活サポーター利用者登録申請書を提出します。
  2. 市が婚活サポーターに連絡し、利用者の氏名や電話番号その他の連絡先をお伝えします。
  3. 婚活サポーターから利用者に連絡がありますので、面談日を設定します。
  4. 面談を実施し、制度や個人情報の取扱、婚活サポート活動の方法などの説明を婚活サポーターから受けます。両者合意の上で婚活サポートを開始します。サポート期間は原則1年です。ただし、利用者と婚活サポーターの双方が合意した場合は、婚活サポートを継続することができます。

※面談の結果、他の婚活サポーターを希望する場合は、その旨を市に連絡してください。