市無形民俗文化財 「松山神社神楽」 “多彩に舞う”

  匝瑳地区松山の松山神社で毎年4月13日、市の無形民俗文化財「松山神社神楽」が演じられます。

 当日は、松山神社神楽保存会のメンバーが、同地区の共同館に集まり、身を清め、先導(天狗)・古老・神官・楽師の順で神社までの沿道を練り歩き、本殿を1周した後、神楽殿に上がりました。

 松山神社の神楽は、十二の演目数(十二座)で構成されていることから「十二神楽」と呼ばれています。神楽に登場する演者はすべて面を着け、手には太刀・鈴・扇・榊などを持っています。演目によって謡(うたい)のともなう部分もあります。そして、この神楽は、すべて男性が演じています。

 十二座は、「天狗」から始まり、「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」 「三宝荒神(さんぽうこうじん)」 などが演じられた後、「須佐之男尊(すさのうのみこと)」が神楽殿に巡らしたシメ縄を刀で切る「〆切(しめきり)」 でフィナーレを迎えました。 

高下駄を履いた「天狗」を先導に松山神社へと練り歩く

習わしにより本殿を1周する

演技の途中では、見物客に向ってお菓子などがまかれた

一座目<天狗(てんぐ)>

二座目<細女命(うずめのみこと)>

三座目<三方荒神(さんぽうこうじん)>

四座目<八幡様(はちまんさま)>

五座目<榊葉(さかきば)>

六座目<田之神(たのかみ)>

七座目<種蒔(たねまき)>

八座目<食保之神(うけもちのかみ)>

九座目<恵比須(えびす)>

十座目<春日大明神(かすがだいみょうじん)>

十一座目<乙女(おとめ)>

十二座目<〆切(しめきり)>