匝瑳市では、要介護(支援)認定を受け、認知症又はねたきり状態にある人に対して、所得税申告用として、障害者控除対象者認定書を交付します。

 これは、障害者手帳等を所持していない人でも、要介護(支援)認定を根拠として障がい程度が同等であると認め、市長が証明するものです。

対象者

 要介護(支援)認定を受けている65歳以上の人で、認知症又はねたきりと認められる人

認定基準
認知症

 家庭外で日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できる状態であること。

寝たきり

 屋内での生活は概ね自立しているが、介護なしには外出しない状態であること。 

認定基準日

 所得税の申告に係る年の当該年の12月31日(同年の途中において当該障害者控除対象者が死亡しているときは、その死亡時)

申請書

 高齢者支援課の窓口で配布しています。なお、対象者に代わって親族が申請する場合には、要介護認定等に係る情報の調査を行うことについて、本人の同意を得なければなりません。

障害者控除対象者認定申請書 [60KB pdfファイル]