社団法人 細菌製剤協会の資料より

予防接種全般について

Q.「明らかな発熱を呈している者」について、具体的に教えて下さい。

A.発熱がある場合には、予防接種を中止する必要があります。
明らかな発熱とは、通常37.5℃以上を指します。検温は実施施設で行いましょう。

 

Q.手足口病、伝染性紅班、突発性発疹、かぜなどのウィルス性疾患にかかった後は、どのくらいの間隔をあければワクチン接種が可能になりますか?

A.治ってから2週間程度後、冬季の「かぜ」であれば治ってから1、2週間程度、「夏かぜ」は治ってから1ヶ月の間隔をあければ、接種可能でしょう。

 

Q.接種を受けそこなってしまいました。どうすればよいでしょうか?

A.気がついた時点で接種することが必要です。定期の予防接種については、接種年齢までは公費で接種可能です。定期外予防接種については、お問い合わせください。

 

Q.生ワクチンと不活化ワクチンの違いは?

A.生ワクチンは、病原菌を弱めたウィルスや細菌を接種して感染を起こさせるものです。接種後に得られる免疫は強固で自然感染による強毒な病原体の感染を防ぐことができます。
不活化ワクチンは大量に培養されたウィルスや細菌を集めて精製し処理し、病原体の活力を失わせたワクチンです。

 

Q.他の予防接種との接種間隔は?

A.
生ワクチンを接種した日から27日間以上、不活性ワクチンを接種した日から6日間以上置く必要があります。

 

詳しいQ&Aについては、こちらを確認してください。日本ワクチン産業協会へのリンク