匝瑳市では、市内に住所(住民票)がある園児の保育料等(入園料及び保育料)を減免する「私立幼稚園就園奨励事業」を実施しています。この事業は、国の基準に基づき実施しており、国から費用の一部について補助を受けています。

私立幼稚園の場合は、市から各幼稚園に補助金を交付し、各幼稚園では、市から受けられる補助金により保護者が支払う保育料等を減免します。

補助対象額

保育料等(入園料及び年間保育料の合計額)と国の幼稚園就園奨励費補助金限度額の最高額(年額308,000円)のいずれか少ない額

※預かり保育料、給食費、教材費などは対象となりません。

この制度で、市が補助できる限度額は、園児1人に対して年額62,200円から308,000円までとなります。

申請手続き等

減免を希望する人は、6月頃に幼稚園から配布される「私立幼稚園保育料等減免措置に関する調書」に記入し、通園先の幼稚園へ提出してください。

これをもとに、減免対象となるか教育委員会で審査し、その結果については幼稚園に通知しますので、保護者は幼稚園からの連絡をお待ちください。

なお、平成25年度から私立幼稚園第3子以降就園補助(無料化)事業を開始したため、18歳未満の子どもが3人以上いる家庭の第3子以降の園児に該当する場合には、この私立幼稚園就園奨励補助が優先されます。世帯の所得状況に関わらず、必ず「私立幼稚園保育料等減免措置に関する調書」を提出してください。

また、私立幼稚園第3子以降就園補助金の対象となる場合には、幼稚園を通して「私立幼稚園第3子以降就園補助金申請書兼実績報告書」を12月頃に配布予定です。