匝瑳市では、ひとり親家庭等の福祉の増進を図るため、母子・父子家庭等の方へ医療費等の自己負担額の一部を助成しています。

 

対象者

ひとり親家庭の母または父、もしくは監護を行う父母がない児童を養育する方(祖父母等)、及びその児童が対象です。対象期間は、児童が18歳に達する日以後の最初の3月31日(児童の心身に基準以上の障がいがある場合は、児童が20歳になる日の前日)までです。

ただし、一定以上の所得のある世帯及び生活保護世帯は、対象となりません。

 

助成内容

保険診療を受診等した場合に支払う医療費、薬代などの自己負担額の一部を助成します。

※保険外の診療等(健康診断、予防接種など)は、助成対象になりません。

※高額医療費など健康保険から支給される付加給付があれば、自己負担額から控除します。

 

助成額

入院については食事療養費及び生活療養費を控除した額、通院・調剤については1ヶ月の保険医療費等の自己負担額を医療機関(診療科)・調剤薬局別に計算した額から1,000円を控除した額。

※子ども医療費で助成された分については、ひとり親家庭等医療費の助成は受けられません。

※医療費等を支払った日の翌月から2年が経過すると助成対象になりません。

 

申請手続き

助成資格申請

助成金の給付を受けるには、あらかじめ「ひとり親家庭等医療費等助成資格申請書」を提出し、資格審査を受ける必要があります。

助成資格申請に必要なもの
  1. 健康保険証(受給資格者全員分)
  2. 印鑑
  3. 戸籍の謄本又は抄本
  4. 世帯全員の住民票の写し
  5. ひとり親家庭等の父母等及び扶養義務者等の前年の所得の状況を証する書類(今年の1月1日現在、匝瑳市に住民登録がなかった場合)
  6. 養育費に関する申告書
  7. 年金証書又は申告書(18歳以上20未満の児童または配偶者に障がいのある方)

※児童扶養手当を受給している方は、児童扶養手当証書の提示により、3から7までの書類の添付を省略できます。

 

その他の届出等
  • 健康保険証、住所などに変更があった場合は、「受給資格変更届」の提出をお願いします。
  • 受給要件に該当しなくなったとき(婚姻、転出、対象期間に達する前の児童を監護しなくなった場合)は、速やかにご連絡ください。