教育基本法及び学校給食法の理念に基づき、成長期にある児童及び生徒に真心こめた安心・安全で調和の取れた食事を提供することにより、健康の増進と体力の向上を図りながら食の知識を身に付けさせ、さらに学校給食を通して日常生活の正しい食事観や食の自立を身に付けさせると共に、児童及び生徒の「豊かな心」の醸成に努めます。

  

学校給食の目標

  1. 適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図る。 
  2. 日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養う。
  3. 学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養う。
  4. 食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養う。
  5. 食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる精神を養う。
  6. 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深める。 
  7. 食料の生産、流通及び消費について、正しい理解を導く。

  

1 食に関する指導についての方針

学校給食法の一部改正及び、学習指導要領改訂に伴い、次世代を担う子どもたちに、学校における食育の推進を図るため、学校給食の献立を生きた教材として活用し、食に関する知識を教えるだけでなく実践できるような食習慣の形成に結びつけるよう努めます。 

2 給食の内容に関する方針

 学校給食の内容については、栄養教諭等が給食時間や各教科等で指導の際、学校給食を活用した指導が行えるよう配慮すると共に、地場産物や郷土に伝わる料理等を取り入れ、児童生徒が郷土に関心を寄せる心を育むと共に地域の食文化の伝承につなげます。
 地産地消の推進を図るため、地場産品、旬の食材をより多く活用し、また、安全で安心して食べられる食材を使用します。
 さらに、栄養バランスの良い魅力あるおいしい給食となるように、調理技術の向上に努めます。
 食事のマナーの習得をはじめ、健康づくりの観点から食生活の果たす重要な役割を理解できるよう指導します。
 衛生管理体制をより一層強化し、食中毒防止に努め、安全な給食づくりに努めます。 

3 給食業務の運営方針

学校給食センターの運営に当たっては、児童生徒の食育の視点に立ち現在の給食の質が低下しないように、学校給食センター運営委員会の審議を尊重し学校・家庭 地域が一体となって望ましい食習慣を育ていきます。

また、本年度も学校給食センター職員が学校訪問を行い、児童生徒の給食時の様子や声を聞きながら給食に反映して行きます。