国保の医療費は、被保険者数が減少傾向の中でも、高度医療の進展や高齢者数の増加などにより、今後も増え続けていくことが予想されます。

 皆様にご負担いただく国保税や窓口負担金などの医療費を有効に活用するため、医療機関や薬局を受診する際には、以下のことに留意しましょう。

  • 夜間や休日に開いている救急医療機関は、緊急性の高い患者さんを受け入れるためのものです。受診しようとする際には、平日の時間内に受診することができないのか、もう一度考えてみましょう。
  • 夜間・休日にお子さんの急な病気で心配になったら、まず、小児救急電話相談(♯8000)の利用を考えましょう。小児科の医師や看護師から、お子さんの症状に応じた適切な対処の方法などのアドバイスが受けられます。
  • かかりつけの医師を持ち、気になることがあったら、まずはかかりつけの医師に相談しましょう。
  • 同じ病気で、複数の医療機関を受診することは控えましょう。医療費を増やしてしまうだけでなく、検査や投薬で体に悪影響が出る心配があります。不安なことなどは、そのことを医師に伝えて話し合ってみましょう。
  • 薬が余っているときは、医師や薬剤師に相談しましょう(薬のもらいすぎに注意しましょう)。
  • 定期的に健康診断を受け、病気の早期発見・早期治療を心がけましょう。