介護保険において、軽度者(要支援1・2および要介護1)に係る福祉用具(自動排泄処理装置については要支援1・2、要介護1・2・3)については、その状態像からは使用が想定しにくい一部の福祉用具は原則として保険給付の対象とすることはできません。

 しかし、軽度者であっても福祉用具が必要な状態である事例が存在するため、一定の条件を満たし、例外的な福祉用具貸与が必要であると認められる場合には、給付の対象となります。

 例外給付については、次のような取り扱いをお願いします。

 

福祉用具貸与例外給付の確認に係る様式