平成27年度介護保険制度改正により、指定通所介護事業所等の設備を利用した宿泊サービスの実施について届出が義務付けられました。

 また、宿泊サービスの最低限の質を担保するという観点から、平成27年4月30日付けで厚生労働省から「指定通所介護事業所等の設備を利用し夜間及び深夜に指定通所介護等以外のサービスを提供する場合の事業の人員、設備及び運営に関する指針について」が出されました。

 さらに、千葉県においても、宿泊サービス利用者のプライバシーや安全の確保を図るため、ガイドラインが定められています。

 これらの指針等に基づき、本市では「匝瑳市における指定地域密着型通所介護事業所等の設備を利用し夜間及び深夜に指定地域密着型通所介護等以外のサービスを提供する場合の事業の人員、設備及び運営に関する指針」を定めました。

 

指針及び公表制度の内容

匝瑳市における指定地域密着型通所介護事業所等の設備を利用し夜間及び深夜に指定地域密着型通所介護等以外のサービスを提供する場合の事業の人員、設備及び運営に関する指針 [338KB pdfファイル]  

匝瑳市における指定地域密着型通所介護事業所等で提供する宿泊サービスに関する公表実施要綱 [107KB pdfファイル] 

 

届出情報の公表

 届出された情報は、一部の項目を除き、公表されます。

 平成28年5月1日現在の届出情報は下記のとおりです。

 市内宿泊サービス事業者一覧 [116KB pdfファイル]