脳脊髄液減少症とは

 交通事故やスポーツ外傷、転倒など、体に強い衝撃を受けたことが原因で、脳脊髄液が漏れ続け減少する疾患で、頭痛、首の痛み、めまい、吐き気、倦怠感、その他さまざまな症状を呈するとされています。

 また、子どもの場合、上記のような症状が出ていても、自律神経失調症や心因性のものと誤解されやすく、注意が必要です。

 この疾患については、国の研究班により研究が継続されていますが、治療法である硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ療法)が先進医療に認められ、治療にかかる費用の一部について、保険適応を受けられる場合があります。

 

診療が可能な医療機関については千葉県ホームページの脳脊椎液減少症の診療病院のページをご覧ください。