介護保険の仕組み

 介護保険制度は、介護や支援が必要になった高齢者やその家族を社会全体で支えていく仕組みです。
 「介護が必要になる」のは限られた人だけではありません。誰もが加齢とともにその可能性(リスク)が高まっていきます。このようなリスクを多くの人で負担しあい、万が一介護などが必要になったときに、希望する介護サービスを受けられるようにする制度です。
 介護保険の費用は、40歳以上の人が支払う「保険料」と「公費(税金)」で賄われます。
 運営主体は市町村と特別区で、都道府県と国がサポートします。運営主体の市町村などを「保険者」、介護が必要になったときにサービスを受けることができる人のことを「被保険者」といいます。

 

介護保険制度の概要図

介護保険の被保険者は、年齢で2つに分けられます

65歳以上の人は第1号被保険者

 介護サービスを利用できるのは、介護が必要と認定された人です。病気やけがなど介護が必要になった原因にかかわらずサービスの対象となります。

 介護保険証は65歳の誕生日前に交付されます。

 

医療保険に加入している40歳から64歳までの人は第2号被保険者

 介護サービスを利用できるのは、老化が原因とされる病気(特定疾病)により介護が必要と認定された人です。

 介護保険証は、要介護、要支援の認定を受けた人に交付されます。

 特定疾病は次の16種類です。

  1. 末期がん
  2. 関節リウマチ
  3. 筋委縮性側索硬化症
  4. 後縦靭帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗しょう症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統委縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  13. 脳血管障害
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節の著しい変形を伴う変形性関節症

 ※介護保険の仕組みや要介護認定の申請の流れなどについて紹介するパンフレットを下記に掲載します。なお、パンフレットは読み上げソフトには対応していません。

 介護保険のてびき [8975KB pdfファイル]