障がい者虐待の防止

 障がいのある人が尊厳を保ち、安心して暮らしていけるよう、虐待を発見した場合の通報義務を定め、虐待を受けた方の保護や家族の負担軽減、虐待防止などを図るため、平成24年10月1日から「障害者虐待の防止、障害者の擁護者に対する支援等に関する法律(障害者虐待防止法)」が施行されました。

 

障がい者虐待の種類

  • 養護者による虐待(家族や親族、同居人など)
  • 障がい者福祉施設従事者等による虐待
  • 使用者による虐待(雇用者など)

障がい者虐待の例

  • 身体的虐待(たたく、殴る、蹴る、縛り付ける、閉じ込めるなど)
  • 性的虐待(わいせつなことしたり させたりする、映像をみせるなど)
  • 心理的虐待(どなる、ののしる、意図的に無視するなど)
  • 放棄・放任(十分な食事を与えない、不衛生な住環境で生活させる、必要な福祉サービスや医療を受けさせないなど)
  • 経済的虐待(年金や賃金を渡さない、勝手に財産や預貯金を使う、日常生活に必要な金銭を渡さないなど)

虐待かもしれない・・・と思ったら

 障がい者虐待に関する通報や届け出、相談は「匝瑳市障害者虐待防止センター」で受け付けます。

【連絡先】
匝瑳市障害者虐待防止センター
電話0479-74-3271  ファックス0479-74-3272