予防接種の目的は、さまざまな感染症を予防することです。赤ちゃんは生後3か月から6か月くらいを過ぎると、妊娠中のママからもらった抵抗力(免疫)が自然に失われていきます。このため、赤ちゃんが自分で免疫を作って、病気を予防できるようにしなければなりません。そこで役立つのが予防接種です。

予防接種の種類

定期接種 

 定期接種は、対象者に対して国が責任を持って勧めるもので、接種費用は公費で負担されます。

 なお、予防接種を受けたことにより健康被害が起きた場合には、予防接種法に基づく救済制度があります。

  • 定期接種の種類
    B型肝炎ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ(DPT-IPV、DT)、不活化ポリオ(IPV)、結核(BCG)、麻しん(はしか)風しん(三日はしか)(MR)、水痘、日本脳炎、子宮頸がん予防ワクチン
 任意接種

  任意接種は、希望者各自が医療機関で受けます。接種費用は、全額自己負担となりますが、接種費用は医療機関ごとに異なりますので、直接医療機関へお問い合わせください。

 なお、予防接種を受けたことにより健康被害が起きた場合には、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)による医薬品副作用被害救済制度があります。

  • 任意接種の種類
    おたふくかぜ、A型肝炎、インフルエンザ(65歳未満)、ロタウイルス、狂犬病等
    ※定期予防接種の対象年齢内に受けられなかったものも任意接種となります。

予防接種が受けられる医療機関(個別指定医療機関)はこちら

「よぼうせっしゅのはなし」(一般社団法人日本ワクチン産業協会へのリンク)

定期予防接種

個別接種(協力医療機関で実施)   

 事前に、医療機関への電話予約が必要です。 

種類 対象年齢 回数 間隔・その他

B型肝炎ワクチン

生後12か月まで 3回

2回目:27日以上の間隔を置いて接種

3回目:1回目の接種から139日(20週)以上あけて接種

ヒブワクチン

生後2か月から5歳まで

開始が生後2か月から生後7か月までの場合

初回3回

初回:27日から56日までの間隔を置いて接種

追加:初回終了後から7か月から13か月の間に1回接種

追加1回

開始が生後7か月から生後12か月までの場合

初回2回
追加1回

開始が1歳から5歳までの場合

1回

小児用肺炎球菌ワクチン

生後2か月から5歳まで

開始が生後2か月から生後7か月までの場合

初回3回

初回:27日以上の間隔を置いて接種

追加:生後12か月以降に、初回終了から60日以上の間隔を置いて接種

追加1回

開始が生後7か月から生後12か月までの場合

初回2回

初回:27日以上の間隔を置いて接種

追加:生後12か月以降に、初回の2回目から60日以上の間隔を置いて接種

追加1回

開始が生後12か月から生後24か月までの場合

2回 60日以上間隔を置いて接種

開始が2歳から5歳までの場合

1回
ジフテリア
百日咳
破傷風
ポリオ

(※1)

4種混合(DPT‐IPV)

生後3か月から
7歳6か月まで
1期初回3回

初回:20日以上の間隔を置いて3回接種

追加:初回3回終了後1年後に接種

1期追加1回

不活化

ポリオ

(IPV)

(※2)

初回3回

初回:20日以上の間隔を置いて接種

追加1回

追加:初回接種から12か月から18か月後

BCG 生後12か月まで 1回 結核を予防します。

麻しん
風しん

(MR)

1期 生後12か月から24か月まで 1回

どちらかの疾患にかかった場合は、単抗原ワクチンでの接種が可能だが、特に希望する場合以外はMRワクチンを接種する。

2期 小学校就学前の1年間
 
1回
水痘

生後12か月から36か月まで

2回

2回目の接種は3か月以上あけて

標準として6か月から1年以内に接種

日本脳炎  

(※3)

1期
生後6か月から生後90か月に至るまで

標準として3歳から接種

1期初回2回

初回:6日から28日までの間隔を置いて接種

1期追加1回

追加:初回接種終了後おおむね1年あける

2期
 

9歳以上13歳未満

1回 ※平成19年4月2日生まれから21年10月1日生まれの人は9歳から13歳になるまでに1期の不足分を公費で接種できます。

子宮頸がん予防ワクチン
(※4)

サーバリックス(2価) 小学校6年から高校1年相当の女子
   
3回 2回目:1回目の接種から1か月
3回目:1回目の接種から6か月
ガーダシル(4価) 2回目:1回目の接種から2か月
3回目:1回目の接種から6か月

※1 3種混合ワクチンが製造・販売中止となっているため、接種が完了していない場合は4種混合で接種することができます。この場合、予診票を発行しますので健康管理課までご連絡ください。

※2 平成24年9月1日から、ポリオの定期接種が経口生ポリオワクチンから不活化ポリオワクチンに一斉に切り替わりました。すでに経口生ポリオワクチンを2回接種している人は、接種の必要はありません。経口生ポリオワクチンを1回接種している人は、1期初回接種2回、1期初回追加接種1回の計3回を注射します。

※3 生後6か月から3歳未満のお子さんも接種できます。匝瑳市では標準接種期間の3歳から個別通知しています。接種希望者には予診票を発行しますので、健康管理課までご連絡ください。3歳未満の接種量は半量の0.25ミリリットルです。

  • 日本脳炎は、平成7年4月2日から19年4月1日生まれまでのお子さんについては、特例措置として満20歳になるまで、接種していない分の接種が受けられます。
  • 平成19年4月2日から21年10月1日生まれのお子さんで第1期の接種が完了していない場合は、9歳から13歳になるまでの期間に不足分の接種を公費(無料)で受けることができます。

日本小児科学会からのお知らせ(日本脳炎について)(公益社団法人日本小児科学会へのリンク) 

※4  平成25年6月14日から子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨を差し控えています。なお、接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。同日以降は個別通知を行っていません。接種を希望の場合は、健康管理課まで連絡してください。
 子宮頸がん予防ワクチンには、「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があります。接種を開始した同一のワクチンで、3回接種を行ってください。 

 

個別指定医療機関 

       
        種類




医療機関名







B

C

B




 





 






 









MR








2








4







アサヒ眼科クリニック
匝瑳市八日市場イ61番地6
72-1147
                       

熱田整形外科
匝瑳市八日市場ハ791番地27
72-1110
                         
石井医院
匝瑳市八日市場ハ574番地2
73-2150
                       
伊藤医院
匝瑳市八日市場ホ3239番地
72-0261
                       

小川内科
匝瑳市八日市場イ2783番地

73-2658

                       
かわて医院
匝瑳市横須賀2815番地2
72-3091(予防接種専用)
 〇  

九十九里ホーム病院
匝瑳市飯倉21番地
72-1131
                       
越川医院
横芝光町宮川2380番地1
84-0103
   
佐藤クリニック
匝瑳市八日市場イ2735番地4
73-5567
   
さとう整形外科
匝瑳市八日市場イ59番地2
73-2891
                         
椎名医院
匝瑳市八日市場イ2943番地
72-0032
城之内医院
匝瑳市東小笹86番地
72-4511
   
鈴木医院
匝瑳市椿706番地
72-0012
匝瑳市民病院
匝瑳市八日市場イ1304番地
72-1525
                       
東葉クリニック
匝瑳市八日市場イ16番地1
73-3311
                       
東陽病院
横芝光町宮川12100番地
84-1335
                     〇  〇
野沢医院
匝瑳市八日市場イ2399番地6
73-2245
                       

はしば医院
匝瑳市今泉485番地
67-5720
 〇  〇
檜垣内科循環器科医院
匝瑳市八日市場イ56番地3
73-2552
                       
福島医院
匝瑳市八日市場イ202番地1
72-0175
   〇
藤田病院
匝瑳市八日市場ホ3292番地
72-0308
                       
増田産婦人科
匝瑳市八日市場イ2837番地
73-1100
               

原 

   〇  
守医院
匝瑳市椿1268番地
73-5511
 〇

※アサヒ眼科の△印の予防接種は、施設入所の人のみ実施しています。

※かわて医院の△印の予防接種は、かかりつけの人のみ実施しています。

予防接種を受ける時の注意

  • 熱が37.5度以上ある場合は元気があっても予防接種はできません。当日の予約はキャンセルしましょう。
  • 市発行の説明文などをよく読み、予防接種の種類、接種間隔、予防接種の効果と副反応についてご理解くださるようお願いします。
  • 接種の際は母子健康手帳と予診票を必ずお持ちください。 忘れると接種ができません。
  • 当日は、保護者が同伴してください。
  • 接種後、副反応が起こっていないか様子をみる時間(30分)が必要です。時間の余裕を持って接種を受けるようにしましょう。
  • かかりつけ医が、お住まいの市町村以外にいる場合や、やむを得ない事情によりお住まいの市町村で予防接種を受けることができなかった場合は、千葉県内であればお住まいの市町村以外でも、定期予防接種を受けることができます。
    千葉県内定期予防接種相互乗り入れ制度(千葉県医師会へのリンク)で確認が可能です。
  • 長期療養を必要とする疾患に罹患し、予防接種を受けられない人は、特例もありますので、健康管理課までご相談ください。

 

集団接種 

種類

接種年齢

接種回数

備考

二種混合

(ジフテリア)

(破傷風)

小学6年生

1回

市内の小学校で実施します。

学校で接種できなかった場合は、個別指定医療機関で接種できます。

 

 ※市外の小学校へ通学している人は、個別予防接種となります。

任意接種(協力医療機関で実施)

種類 接種年齢 接種回数 備考
インフルエンザ

生後6か月以上

65歳未満

  • 13歳未満 2回
  • 13歳以上 1回

2回目は、3週間から4週間間隔で接種。


 

おたふくかぜ 1歳以上 2回(推奨) 集団生活に入る前の接種をお勧めします。
ロタウイルス 1価(ロタリックス)

4週間間隔で接種する。

初回接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。

生後6週から
24週まで
2回
5価(ロタテック)
生後6週から
32週まで
3回

 

高齢者定期予防接種 B類疾病 (協力医療機関で実施)

種類

接種年齢

実施時期

備考

インフルエンザ
  • 65歳以上の人 
  • 60歳以上65歳未満の人で、心臓、じん臓、または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活行動が極度に制限される程度の障がいを有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する人(障害手帳1級程度の人)
10月から12月

市から助成制度があります。

高齢者用肺炎球菌

65歳の人

(平成30年度までは、経過措置として65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる年度の人も定期接種として接種可能)

当該年度 市から助成制度があります。