赤ちゃんが生まれ育っていく時には、地域の中で子どもの成長を一緒に見守ってくれる人がいると安心ですね。

 市では、子育て支援として「こんにちは赤ちゃん訪問」を実施し、皆さんの子育てを応援しています。

 

対象

市内在住の4か月までの赤ちゃんのいる家庭

 

訪問する人

地域で活動している主任児童委員、保健推進員など、子育ての経験のある方で、乳児訪問員として市長から委嘱を受けています。

 

内容
  • 子育てに関する情報提供と相談窓口の紹介、パンフレットの配布
  • 「祝 お誕生カード」の配布

 

訪問までの流れ
  1. 保健センターでこども医療費受給券発行時に、保護者の方に出生連絡票を記入していただき住所・電話番号などの確認をします。
  2. 生後2か月過ぎに、出生連絡票に基づき、「こんにちは赤ちゃん訪問」のお知らせのハガキを送付します。
  3. その後、乳児訪問員が直接自宅に訪問日時の連絡をいたします。

※生後4か月を迎えるまでに伺います。