Q.基礎年金番号とは?

A.年金に関する手続きやお問い合わせ、年金を請求するときなどには必ず使用する一人に一つの番号です。

Q.年金手帳、基礎年金番号通知書とは?

A.基礎年金番号が記載されている、一生変わらず使用する大切なものです。

Q.第1号被保険者とは?

 A.自営業者・農林漁業者やその扶養配偶者、学生などの国民年金加入者をいいます。

Q.第1号被保険者の保険料の支払い方法は?

A.現金払い、口座振替、クレジットカード納付、電子納付が利用できます。

Q.第1号被保険者の保険料はいくら?

A.月額16,260円(平成28年度)です。年齢、性別、所得に関係なく一律です。

Q.第2号被保険者とは?

A.会社員や公務員など厚生年金や共済組合に加入している人をいいます。

Q.第2号被保険者の保険料の支払い方法は?

A.厚生年金保険料や共済組合の掛金として給料から天引きされます。

Q.第3号被保険者とは?

A.国民年金以外の年金(厚生年金や共済組合など)に加入している夫(妻)に扶養されている妻(夫)をいいます。

Q.国民年金はいくつからいくつまで加入するの?

A.20歳から60歳までの40年間です。

Q.どのくらい納付していれば受給できるの?

A.原則として、国民年金・厚生年金・共済組合等すべての年金の納付済期間と免除期間をあわせて最低25年(300月)以上必要です。

Q.合算対象期間とは?

A.老齢基礎年金などの受給資格期間をみる場合に、期間の計算には入れるが、年金額には反映されない期間のことです。

合算対象期間には、

  1. 昭和61年3月以前に、国民年金に任意加入できる人が任意加入しなかった期間
  2. 平成3年3月以前に、学生であるため国民年金に任意加入しなかった期間
  3. 昭和36年4月以降海外に住んでいた期間

などがあります。(いずれも20歳以上60歳未満の期間)

Q.25年以上納めたら納めなくていいの?

A.60歳になるまでは納めなくてはなりません。満額の年金を受給するためには、40年間保険料を納めなくてはなりませんし、未納にしていると、受給するために必要な納付期間が足りず、障害年金などを受けられないことがあります。

Q.国民年金はいつから受けられるの?

A.65歳になった月の翌月分から支給されます。

Q.国民年金はいくらもらえるの?

A.20歳から60歳までの40年すべて納付した人が65歳で老齢基礎年金を請求した場合、年額780,100円(平成28年度)です。

Q.繰り上げ請求とは?

A.減額になりますが、希望により65歳前から年金を請求することです。繰り上げ請求すると寡婦年金や障害年金に該当しても受けられなくなるので注意してください。

年齢

支給率

60歳

70%

61歳

76%

62歳

82%

63歳

88%

64歳

94%

65歳

100%

注意
  • 繰り上げた月数に応じて、ひと月0.5%減額となります。
  • 繰り上げ請求で算出した支給率は生涯そのままです。
  • 昭和16年4月1日以前に生まれた人の支給率は、上記の表とは異なります。
Q.繰り下げ請求とは?

A.増額するために、希望により66歳から70歳まで年金請求を延ばすことです。

年齢

支給率

66歳

108.4%

67歳

116.8%

68歳

125.2%

69歳

133.6%

70歳

142.0%

注意
  • 繰り下げた月数に応じて、ひと月0.7%増額となります。
  • 繰り下げ請求で算出した支給率は生涯そのままです。
  • 昭和16年4月1日以前に生まれた人の支給率は、上記の表とは異なります。

Q.海外に移住すると国民年金はどうなるの?

A.海外に在住する日本国籍を有する20歳以上65歳未満の人は、国民年金に任意加入することができます。                                                                                                                          

手続き先
  • 国内での最終住所地に協力者(親族等)が住んでいる場合
    • 最終住所地が匝瑳市の場合は、市役所市民課国保年金班へ
  • 国内での最終住所地に協力者(親族等)が住んでいない場合
    • 最終住所地が匝瑳市の場合は佐原年金事務所へ

Q.国民年金基金って?

A.第1号被保険者の方が、国民年金に上乗せした年金を受けるために加入する制度です。

問い合わせと手続き先
千葉県国民年金基金

フリーダイヤル:0120-65-4192
FAX:043-221-7885
 

リンク

厚生労働省

日本年金機構

国民年金基金