本文へスキップ
  • サイトマップ
  • 行政へのご意見募集

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

犬・ねこの適正な飼育について

犬やねこを飼っている方へ

飼い主を明示しましょう
 もし、ペットが逃げてしまったとき、ペットが保護されていても飼い主の明示がなければ連絡することができません。
 首輪に鑑札・注射済票(犬の場合)や迷子札などをつけることで、飼い主のもとへ帰ることができます。大切な犬・ねこのために必ず飼い主を明示するようにしましょう。
 
不妊・去勢手術をしましょう
 生まれた子犬や子ねこが飼いきれないなどの事情により、引き取りを依頼するケースが後を絶ちません。不幸な命を増やさないために、飼い犬や飼いねこには不妊・去勢手術をおこないましょう。市では不妊及び去勢手術に係る費用の一部を助成しています。
犬・ねこの不妊・去勢手術の一部助成についてはこちら
 
  

 犬を飼っている方へ

 一部の飼い主による無責任な行動が、周りの人に迷惑をかけています。適正な飼育を心がけましょう。
 
  • 犬の登録と年に1回の狂犬病予防注射をしましょう。
  • 放し飼いは法律により禁止されています。絶対にしないでください。
  • 散歩中に公園や路上等でふんをしたら必ず持ち帰りましょう。
    また、他人の塀などにおしっこをさせないように注意しましょう。
  • 散歩の際は必ず引き綱をつけましょう。
  • 犬の鳴き声や臭いなど、飼い主以外の人には気になる場合があります。
    きちんとしつけをし、こまめに清掃を行うなど、周囲の方に配慮しましょう。

 

ねこを飼っている方へ 

 ねこは自由に外を出歩くことができるため、飼い主の知らない場所で迷惑をかけている場合があります。あなたの飼いねこは大丈夫ですか?
 
  • 外に出されたねこの糞尿による苦情が増え、住民同士のトラブルとなるケースが少なくありません。また交通事故により怪我や死亡してしまうこともあります。飼いねこのためにも室内飼育を心がけましょう。
  • 屋外でえさを与えている場合、えさの食べ残しによる悪臭などで近隣へ迷惑をかけないように努めてください。
     印刷 - 犬・ねこの適正な飼育について  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる