Q.私は平成23年2月に匝瑳市からB市に転出しましたが、匝瑳市から平成23年度の市県民税の納税通知書が届きました。匝瑳市に納めなければならないのでしょうか?

A.市県民税は、その年の1月1日現在に住んでいた市区町村に納めることになっていますので、匝瑳市に納めていただくことになります。

 

Q.私は平成22年3月に会社を退職した際、市県民税を退職金から天引きされましたが、平成23年6月に平成23年度市県民税納税通知書が届きました。退職以降、収入はないのですが、なぜですか?

A.退職所得に対する市県民税は、退職手当が支払われる際に天引きされ、その支払い者(特別徴収義務者)を通じて市に納入されますが、退職所得以外の所得に対する市県民税はその翌年に納めていただくことになっています。この場合、平成22年1月から3月までの所得に対する市県民税を納めていただくことになります。

 

Q.私は夫に扶養されていますが、パートで仕事をしたいと思っています。この場合、パート収入がいくらまでなら夫の配偶者控除が受けられるでしょうか?

A.パートの年収が103万円以下なら配偶者控除を受けられます。

 

パート収入と課税の関係(基礎控除以外に所得控除がない場合)

パート収入 パート収入に所得税がかかるか パート収入に市民税(所得割)がかかるか パート収入に市県民税均等割がかかるか 夫の所得から配偶者控除を受けられるか

夫の所得から配偶者特別控除が受けられるか

930,000円以下 × × × ×

930,001円以上1,000,000円以下

× × ×(※)
1,000,001円以上
1,030,000円未満
× ×(※)
1,030,000円 × ×
1,030,001円以上
1,410,000円未満
×
1,410,000円以上 × ×
  ○…かかる
×…かからない
○…受けられる
×…受けられない

(※)控除対象配偶者(合計所得が38万円以下の配偶者)について、配偶者控除に上乗せして適用される配偶者特別控除が廃止され、平成17年度分以後の個人住民税に適用されます。