印鑑の手続きは

手続きに来る人

本人または代理人

持ってくるもの
  • 登録を受けようとする印鑑
    • ゴム印その他の印鑑で変形しやすいものや、大きすぎたり小さすぎたりするもの等、登録できない印鑑がありますので、市民課窓口でご相談ください。
  • 本人確認の資料
    • 行政庁発行の身分証明書、自動車運転免許証・在留カード等で写真が添付されたもの、または本市における印鑑登録者から、本人に相違ないことを保証された書面(登録印鑑及び印鑑登録証を持参した保証人の同席が必要)
申請書に記載
  • 本人であることが確認できたときは…
    • 登録(登録証をお渡しします。)
  • 本人であることが確認できないとき、及び代理人のときは…
    • 照会書を郵送します。回答書を持って窓口へ来庁の上、登録となります。(登録証をお渡しします。)
      ※登録する印鑑・代理人のときは、代理人の印鑑も必要。
      ※回答書の期限は発送した日から起算して14日以内。
豆知識
  • 保証人とは、匝瑳市で印鑑の登録を受けている人をいいます。住所、氏名、登録印鑑、印鑑登録証が必要となります。

登録できない印鑑

  • 氏名、氏、名又は氏名の一部を組み合わせたもので、表されていないもの。あるいは職業、資格など氏名以外のことを表しているもの。
  • ゴム印など変形しやすい材質のもの。
  • 欠けていたり、すり減ったりして氏名を判断しにくいもの。
  • 大きさが一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの、25ミリメートルの正方形に収まらないもの。
留意点

他人に悪用されるおそれがあるので、実印として登録する印鑑は、どこにでもある三文判はやめましょう。

代理人による申請留意点

やむを得ず代理人が申請する場合は、代理人に委任したことを証明する「代理人選任届」と、登録する印鑑、代理人の印鑑が必要です。申請の事実を確認するため、本人宅へ照会書を郵送します。回答書により本人による申請の事実が確認されると、印鑑登録証が発行されます。

注意

奥さんが手続きに来ても代理人扱いです。