「ふるさと名物応援宣言」とは

 「ふるさと名物応援宣言」とは、国の進める地域資源(都道府県が認定した農林水産物、観光資源など)を活用した地域活性化の取り組みで、市町村が地域活性化の推進力となり得る地域資源を「ふるさと名物」として1つ特定し、地域内外に向けて積極的な情報発信をするなど、地域を挙げて応援することを宣言するものです。「ふるさと名物応援宣言」を行うと、その関連の地域資源活用事業について、補助金の優先採択や、ふるさとプロデューサー育成事業の研修への優先参加、中小企業庁のホームページ「ミラサポ」での情報発信といった優先措置が受けられます。

経済産業省「ふるさと名物応援宣言」ホームページ

「匝瑳の植木」

 匝瑳市では特産品である植木をふるさと名物として応援宣言しました。伝統技術の結晶である「匝瑳の植木」を応援宣言することで、植木のさらなる知名度向上やブランド化を図ります。また、市としても植木を活用したイベントや観光・体験ツアーの開催、海外輸出における販路拡大、新商品開発などを積極的に支援していきます。

ふるさと名物応援宣言「匝瑳の植木」 [1423KB pdfファイル]