平成27年6月に公職選挙法が改正され、選挙権年齢(投票できる年齢)が「満18歳以上」に引下げられることになりました。(平成28年6月19日施行)

 平成28年夏に予定されている参議院議員通常選挙から適用される見込みです。

 

 詳しくは、総務省ホームページをご覧ください。