携帯電話事業者では、気象庁から配信される「緊急地震速報」や「津波警報」とともに、国・地方公共団体から配信される「災害・避難情報」を該当する地域に一斉配信する緊急速報メールサービスの提供を行っています。
 このサービスは、月額使用料のほか、通信料や情報料も含め一切無料で利用することができます。
 なお、NTTドコモを利用している人は、サービス名が「エリアメール」となります。

配信する情報

  • 気象庁
    1. 緊急地震速報
    2. 津波警報(大津波警報を含む)
    3. 特別警報
  • 国・地方公共団体
    1. 災害・避難情報
       地震や台風などの自然災害に対する警戒情報や、それに伴う避難勧告や避難指示など、住民の安全にかかわる情報を、配信対象エリアに存在する携帯端末にお知らせするものです。

お手持ちの携帯電話における緊急速報メールの受信可否について

 災害の発生を事前に知り、身を守るために、お手持ちの携帯電話が緊急速報メールを受信できるかどうか、取扱説明書または販売店に確認することをお勧めします。

【お問い合わせ先】

事業者名 電話番号 ホームページアドレス
NTTドコモ 0120-800-000(無料) http://www.nttdocomo.co.jp/service/safety/areamail/別ウィンドウで開きます
KDDI(au) 0077-7-111(無料) https://www.au.com/mobile/anti-disaster/kinkyu-sokuho/別ウィンドウで開きます
ソフトバンク 0800-919-0157(無料)

http://mb.softbank.jp/mb/service/urgent_news/別ウィンドウで開きます

 なお、地方公共団体が発信する災害・避難情報について、対象エリアにいる加入者が、緊急速報メールを受信できるかどうかは、地方公共団体が各携帯電話事業者と緊急速報メール提供の契約を結んでいることが必要です(当市締結済み)。

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用

 弾道ミサイル情報等の国民保護情報については、現在、Jアラートを通じて市町村の防災行政無線、登録制メール等により国民に伝達されるほか、エリアメール・緊急速報メールにより携帯電話・スマートフォンに配信されています。
 消防庁では、お持ちの携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認手順と、受信できない(または受信できるか分からない)場合の対策を以下のとおりまとめています。

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用 [252KB pdfファイル] 

ドライバーの皆様へ

 運転中に緊急速報メールが着信しても、慌てずに運転に集中してください。
 鳴動の持続時間は初期設定で10秒から20秒です。運転中は携帯電話等の操作を行わないでください。