匝瑳市では、千葉県が平成27年3月20日から運用開始した災害情報共有システム(Lアラート)を活用し、災害時に特に必要となる避難に関する情報等を、テレビのデータ放送やインターネット等を通じ市民の皆様に情報提供しています。

 

災害情報共有システム(Lアラート)とは

 災害時の避難勧告・指示など地域の安心・安全に関するきめ細かな情報の配信を簡素化・一括化し、テレビやインターネットなどのさまざまなメディアを通じて、地域住民に迅速かつ効率的に提供することを実現するもので、一般財団法人マルチメディア振興センターが運営し、総務省が全国に普及の促進をしているものです。

 災害情報共有システム(Lアラート)は、一般財団法人マルチメディア振興センターが運営する公共情報コモンズの新たな名称です。

Lアラートに関する千葉県報道発表資料(千葉県報道発表資料より)

 

提供する情報

  1. 避難指示・避難勧告・避難準備情報
  2. 避難所開設情報
  3. 災害対策本部設置情報

※避難勧告等の情報は、現在、市町村の防災行政無線や広報車等により住民に提供されています。

 

情報確認の仕方

 テレビのデータ放送やインターネット等を通じて、避難勧告等の情報及び避難所開設情報を、確認することができます。
 テレビのリモコンにあるdボタンを押していただくことで情報を閲覧することが可能なほか、一般財団法人マルチメディア振興センターと連携し、情報配信を行う「Yahoo!JAPAN」ポータルサイトより情報の閲覧が可能となります。

一般財団法人マルチメディア振興センター(外部リンク)

Yahoo!JAPAN 避難情報(外部リンク)