Q. 市役所から私(世帯主)あてに、国民健康保険税の納税通知書が届きました。私自身は国民健康保険に加入していないのですが、何の通知でしょうか。

A.世帯員の中で、国民健康保険税の加入または離脱の手続きをされた場合、国民健康保険税の税額通知が世帯主に届きます。これは、国民健康保険税において納税義務者は世帯主であると定められているためです。
 このため、世帯主の国保加入状況に関わらず、納税通知書は世帯主あてに届くことになります。
 

 

Q. 私は平成30年6月にB市から匝瑳市に転入し、国民健康保険への加入手続きをしました。その後、7月に、匝瑳市とB市の両方から国民健康保険税の納付書が届きました。両市に納める必要があるのでしょうか。

A.6月に匝瑳市に転入しているため、6月分から翌年3月分までの国民健康保険税を匝瑳市に納める必要があります。
 なお、B市から届いた納付書は4月から5月分の可能性が高く、この場合は両市に納める必要があります。
 ただし、国民健康保険税の計算や納付回数などは、市区町村によって違うため、B市から届いた納付書の内容については、一度、B市に確認してください。

 

 Q. 年度の途中から国民健康保険に加入した場合、保険税はどのように課税されるのですか。

A.国民健康保険税は4月1日を基準日(賦課期日)として算出し、世帯主に課税されます。年度の途中で新たに国民健康保険に加入した場合は、加入した月から月割りで国民健康保険税を負担していただきますので、次の計算式によって課税額が算出されます。

 

Q.国民健康保険税は、どうやって納めるのですか。

  • 納付期間
    国民健康保険税は基本的に6月から翌年2月までの期間で納付していただきます。
  • 納付方法
    納付方法は普通徴収または特別徴収(年金天引き)で納付していただくことになります。
    普通徴収は納付書を使って金融機関などで納めていただくか、金融機関の指定された口座から納付する口座振替があります。
  • 納期について
    普通徴収は第1期から第9期までの9回です。また、特別徴収は4月から翌年2月までの偶数月(年金支給月の4月、6月、8月、10月、12月、2月)で納めていただきます。

  ※詳しくはこちらの「国民健康保険税の納め方」のページをご覧ください。 

 

Q.所得の申告をしないと国民健康保険税の軽減が受けられないと聞きましたが本当ですか。

A. 国民健康保険税には、低所得者世帯の負担軽減を図るため、世帯主とその世帯に属する被保険者の所得が一定の基準以下である場合に「均等割」と「平等割」が軽減される制度があります。この軽減制度の適用を受けるためには、世帯全員の所得が明らかになっている必要があります。
 所得の申告がされていないと、その世帯の所得が一定の基準以下であるかどうか判断できないので、所得の申告をしていない人は、必ず税務課へ申告をしてください。