本文へスキップ
  • サイトマップ
  • 行政へのご意見募集

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

貯水槽の管理

 水道は、貯水槽の容量や給水人口等に応じて、専用水道、簡易専用水道、小規模専用水道、小規模簡易専用水道の4種類に分類されます。これらは、水道法及び匝瑳市小規模水道条例により水質管理や施設管理を行うことと定められています。

※平成25年4月1日から千葉県が行っていた届出の受理事務や立入検査の権限は市へと移譲されました。

匝瑳市小規模水道条例 [195KB pdfファイル] 
匝瑳市小規模水道条例施行規則 [153KB pdfファイル] 

水道の分類方法

水道の種類と分類方法 [81KB pdfファイル] 

各種水道の管理のてびき

 

専用水道届出関係

新設工事や改造工事をする場合

給水を開始する場合

確認申請書の記載事項に変更があった場合

工事を伴わず、給水人口が100人を超えて専用水道に該当するようになった場合

水道の管理に関する技術上の業務を第三者に委託した場合

技術上の業務を第三者に委託し、契約が失効した場合

譲渡等により設置者が変わった場合

工事の着手が予定日より6か月以上延期する場合

工事に着手せず、計画が消滅した場合

専用水道に該当しなくなった場合や、工事が中止となった場合

新規設置後、約30日間の検査(色、濁り、残留塩素)結果を報告する場合

専用水道の水質基準及び検査頻度一覧について

 

簡易専用水道届出関係

新たに設置する場合や簡易専用水道に該当するようになった場合

設置者が変更になった場合

簡易専用水道に該当しなくなった場合

 

 法定検査受検報告

水道法34条の2第2項に規定する法定検査を受け、設置者自ら市へ報告する場合 

水道法34条の2第2項に規定する法定検査を受け、検査機関が市へ代行報告する場合 

 

小規模専用水道届出関係

新設工事や改造工事をする場合

給水を開始する場合

小規模専用水道に該当するようになった場合

工事の着手が予定日より6か月以上延期する場合

工事に着手せず、計画が消滅した場合

設置者が変更になった場合や施設の規模に変更があった場合

小規模専用水道に該当しなくなった場合や、工事が中止となった場合

新規設置後、約30日間の検査(色、濁り、残留塩素)結果を報告する場合

小規模専用水道の水質検査基準のフロー及び水質基準・水質検査の項目について

 

小規模簡易専用水道届出関係

給水を開始した場合

設置者が変更になった場合や施設の規模に変更があった場合

小規模簡易専用水道に該当するようになった場合

小規模簡易専用水道に該当しなくなった場合

 

水質基準

 専用水道及び小規模簡易専用水道の水質基準は、厚生労働省令により51項目について基準が定められています。厚生労働省ホームページ「水道水質基準について」(外部リンク) で詳細を確認できます。

水質基準項目の解説 [240KB pdfファイル]  

 

水質検査機関

 水質検査は、水道法に基づく登録検査機関で実施してください。

厚生労働省登録水質検査機関抜粋(千葉県を営業区域とする)[101KB pdfファイル] 

 

     印刷 - 貯水槽の管理  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる