本文へスキップ
  • サイトマップ
  • 行政へのご意見募集

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

微小粒子状物質(PM2.5)について

 微小粒子状物質(PM2.5)とは

 PM2.5とは、大気中に浮遊している直径2.5マイクロメートル以下の非常に小さい粒子のことで大気汚染物質のひとつです。非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥まで入りやすく、さまざまな健康影響が懸念されているため、国は平成21年に下記のとおり環境基準を定めました。

 微小粒子状物質(PM2.5)に係る環境基準

 1年平均値 15マイクログラム/立方メートル以下

 1日平均値 35マイクログラム/立方メートル以下

※環境基準は人の健康を保護する上で維持することが望ましい基準として定められています。

  PM2.5の測定結果について

 千葉県では大気環境の常時監視をおこなっており、測定データ等を24時間情報提供しています。

  微小粒子状物質(PM2.5)の状況[千葉県ホームページへリンク]

 

 PM2.5の高濃度時における注意喚起について

 千葉県では、PM2.5による大気汚染に係る国の暫定指針に基づき、濃度が高くなるおそれがある時には、午前9時を目途に注意喚起を行います。

 注意喚起のための暫定指針値

 1日平均値 70マイクログラム/立方メートル

 注意喚起の判断基準

 千葉県内の一般大気測定局において、午前5時、6時、7時までの1時間値が85マイクログラム/立方メートルを複数の局で超え、1日平均値が70マイクログラム/立方メートルを超えると予想される場合。

 注意喚起が行われた場合は、以下の点について注意してください。
  • 不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動を控える。
  • 屋外との換気は最小限にする。
  • 外出時はマスク(ウイルス対応)をつける。

※特に子供やお年寄り、呼吸器系等の弱い方は慎重な行動をお勧めします。

 

     印刷 - 微小粒子状物質(PM2.5)について  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる