食品中の放射性物質の新基準値が24年4月から適用

 
○概要
平成23年3月の東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故を受けて、厚生労働省は、食品の安全性を確保するため、食品中の放射性物質の暫定規制値を設定し、これを上回る放射性物質が検出された食品については、食品の回収や出荷制限等の措置を行ってきたところです。
暫定規制値に適合している食品については、健康への影響がないと一般的に評価され、安全は確保されていますが、より一層、食品の安全と安心を確保する観点から、新たな基準値が設定され、平成24年4月1日から適用されます。
 
○新基準値について
現在の暫定規制値で許容している年間線量5ミリシーベルトから年間1ミリシーベルトに引き下げることを基本として設定されています。

【放射性セシウムの新基準値】 (単位:ベクレル/kg)
 
食品群
区分
現在の暫定規制値
(新基準値)
従来の暫定規制値
 
 
 
 
飲料水
ミネラルウォーター類・飲用茶
10
飲料水
(200)
 
 
 
 
牛乳
乳及び乳製品の成分規格に関する省令第2条1項に規定する乳及び同条第40項に規定する乳飲料
50
牛乳
乳製品
(200)
 
 
 
 
乳児用食品
乳児の飲用に供することを目的として販売する食品
50
 
 
 
 
一般食品
上記以外の食品
100
野菜類・穀類・肉・卵・魚・その他
(500)