印鑑は、社会生活を送る上でさまざまな場合に必要とされます。

中でも、市役所に登録し、本人の印鑑であることの証明を受けた「実印」は、取り引きや不動産の登記などに際し、非常に重要な役割を果たすものです。

印鑑登録は、本市に住民登録をしている15歳以上の人(成年被後見人を除く)であれば登録できます。ただし、1人1個に限ります。