消防法及び匝瑳市横芝光町消防組合火災予防条例により、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務づけられています。

近年、住宅火災による死者が増加しています。火災の発見が遅れたり、避難が遅れることが主な原因となっています。

義務化の時期

新築住宅…平成18年6月1日
既存住宅…平成20年6月1日
 

 火災警報器とは

電池を使うタイプと家庭用電源(AC100V)を使うタイプがあります。器具は防災設備取扱店や電気器具販売店、ホームセンター、家電量販店などで購入できます。自分で取り付けることもできます。
 

国が定めた規格に適合し、日本消防検定協会の鑑定に合格した製品には、「NSマーク」(右図)が付いています。購入する際の目安にしてください。

 

設置場所

寝室…部屋の天井または壁面
階段…寝室がある階の階段の踊り場の天井または壁面
台所…設置義務はありませんが、出火の危険が多いことから設置が望ましいです。
 

  詳しくは、住宅用火災警報器の設置基準 [240KB pdfファイル] をご覧ください。

 

 

悪質な販売にご注意!

火災警報器の義務づけに乗じた悪質な販売などにご注意ください。消防署員・消防団員・市職員が販売することはありません。

 

  • 火災警報器に関するご質問等は、「住宅用火災警報器相談室」((財)日本消防設備安全センター)で受け付けております。

  電話:0120-565-911(フリーダイヤル)

  受付時間:月曜から金曜までの午前9時から正午、午後1時から午後5時

   

お問い合わせ先

匝瑳市横芝光町消防組合
  消防本部予防課   
 電話:0479-72-0119(代表)
 電話:0479-72-1916(直通)