大規模災害時には、通信の途絶や輻輳(ふくそう)等が予想されるため、市民等への情報提供や被害情報等の収集伝達手段として、市では防災行政無線を整備しています。

「輻輳」…電話回線やインターネット回線において利用者のアクセスが特定の宛先に集中すること

 屋外への情報伝達

 本市では、屋外にいる市民等に対して災害情報を伝達するため、各避難所等の市内39か所に防災行政無線の屋外拡声子局(スピーカー)を整備しています。

 屋内への情報伝達

 屋外拡声子局(スピーカー)では、騒音や風の方向、住宅の遮音機能等により十分に情報が伝達されない場合があります。そのような場合に備え、市では各世帯に戸別受信機の無償貸与を行っています。

 戸別受信機の設置

 戸別受信機では、地震や火災などの災害情報をいち早く伝達することに加え、「市からのお知らせ」などの行政情報も放送します。また、聴覚に障がいのある人に対しては、文字表示機能付きの戸別受信機の貸与も行っています。
 設置を希望する人は、「防災行政無線(同報系)戸別受信機貸与申請書」を市役所総務課消防防災班、または野栄総合支所へ提出してください。

 防災行政無線(同報系)戸別受信機貸与申請書
防災行政無線放送の種類と放送時間

時報放送
(ミュージックチャイム)
一般放送
(市からのお知らせ等)
緊急放送
(地震・火災等)
児童の見守り依頼放送

7時00分
12時00分
18時00分

7時30分
18時30分
随時
  • 春夏(3月から9月)
    16時30分
  • 秋冬(10月から2月)
    16時00分

 全国瞬時警報システム(J-ALERT)

 全国瞬時警報システム(J-ALERT:ジェイアラート)は、弾道ミサイル情報、大津波警報、緊急地震速報等の緊急情報を、人工衛星を用いて国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市区町村の防災行政無線や携帯メール、コミュニティFM等を自動起動させるもので、国からの緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。
 本市においても整備を行ない、特に緊急性の高い情報については、国の発表とほぼ同時に防災行政無線を通じて市民等へ情報が伝達されます。詳細については以下の資料をご覧ください。

 Jアラートの概要 [277KB pdfファイル]