自転車安全利用五則

身につけよう!安全な乗り方。覚えよう!新しいルール。

自転車の通行ルールとマナーを守り、交通事故をなくしましょう。

【五則の1】 自転車は、車道が原則、歩道は例外

自転車は「車の仲間」です。歩道と車道の区別があるところでは、車道を通行するのが原則です。

歩道は例外?

普通自転車は、次の場合に歩道を通行することができます。

(1)「歩道通行可」の標識があるとき

 

(2)13歳未満(小学生以下)の子ども、70歳以上の高齢者

(3)身体の不自由な方

(4)やむを得ない場合(道路工事、交通量が多い、道路の幅が狭いなど…。) 

 

【五則の2】 車道は左側を通行

自転車は、車道の左側を通行しなければなりません。

 

【五則の3】 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道を通るときは、歩行者優先で通行しなければなりません。

歩道を通行するときの注意点

(1)歩道上の車道寄りを、すぐに停止できるような速度で徐行しましょう。

(2)歩行者の通行を妨げるおそれがあるときは、一時停止しましょう。

 

【五則の4】 安全ルールを守る

  • 飲酒運転、二人乗り、並進の禁止

  • 夜間はライトを点灯

  • 交差点での信号遵守と一時停止、安全確認

【五則の5】 子どもはヘルメットを着用

【保護者のみなさん】

お子さんが自転車を運転する場合や、お子さんを幼児用座席に乗せるときは、必ずヘルメットを着用させましょう。

【児童・幼児のみなさん】

自転車を運転するときも、乗せてもらうときも、大切な頭を守るため、必ずヘルメットをかぶりましょう。